月別アーカイブ: 2018年4月

建設会社が同じ場合

マンションを購入する人は十年後

住宅という選択制震
そうやってなるべく急いで、手早く袋詰めして、さっさと帰ります。
家に着いたらエコバッグをキッチンに持っていって、中身を冷蔵庫や冷凍庫に入れなければいけません。このときにエコバッグを床に直接置いてはダメです。だって、私の感覚ではスーパーの床と同じ汚さのサッカー台に載せたエコバッグですから。
かといって手に持ったまま中身を出すのは大変なので、キッチンには小さなシートがたたんで置いてあります。買い物から帰ってきたら、このシートをキッチンの床にサッと広げ、その上にエコバッグを置くのです。
ほら、こうすれば、冷蔵庫に靴を入れなくても済むし、みんなが幸せですよ。
私はこうやって気をつけているけど、家族はたまにとんでもないことをやらかします。

買い忘れたものを頼んだり、夕食のお刺身を好きなものを選んで買ってきてもらったりしたときに、買ったものが入ったビニール袋を、テーブルの上にどんっと載せるのです。それは、私の感覚では靴をテーブルに載せてるのと同じです。
何回もやめてと頼んだ結果、子どもはやっと手渡ししてくれるようになりました。夫は相変わらずなので、もう先手必勝で、玄関先まで受け取りに行くことにしています。だから、そういうときだけ妙にいい妻っぼくなります。
きっと夫は「買い物を頼んだことに負い目があって受け取りに来るんだろう」と思ってるでしょう。でも、違うのです。ただ、テーブルの上に靴を置かれたくないだけです。
になってしまいそうですもんね。
今回の件、きっと共感されないだろうなと思ってます。この調子で気にしていたら、もう世の中すべてのものが靴並みの汚さだからもう最初から、私の感覚ではと前置きしてあります。数えたら、私の感覚ではって6回も書いてました。
でも、自分の中ではゆずれないことなんですよね。やっぱり私、潔癖症っぽいです。

潔癖症っぽい人の結婚·育児私はこの本でこそ、潔癖症っぽいと公言してますが、実生活ではできるだけ言わないようにしています。
特に今後も知り合いで居続けたい、あるいは居続けなければならない相手には言いません。気を使わせたりしてしまいそうでイヤだし、中には潔癖症っぽいことをネタにして、かちかってきたりす逆に、その場だけの付き合いで済むような場合は、そういう話題になったときには隠さずに普通に言います。
ちょっと昔の話だけど子どもをいつもと違う公園に連れて行ったときに会ったお母さんとか、バスの座席で隣同士になって話しかけてきたおばさまとか。

そうやってなるべく急いで、手早く袋詰めして、さっさと帰ります。
家に着いたらエコバッグをキッチンに持っていって、中身を冷蔵庫や冷凍庫に入れなければいけません。このときにエコバッグを床に直接置いてはダメです。だって、私の感覚ではスーパーの床と同じ汚さのサッカー台に載せたエコバッグですから。
かといって手に持ったまま中身を出すのは大変なので、キッチンには小さなシートがたたんで置いてあります。買い物から帰ってきたら、このシートをキッチンの床にサッと広げ、その上にエコバッグを置くのです。
ほら、こうすれば、冷蔵庫に靴を入れなくても済むし、みんなが幸せですよ。
私はこうやって気をつけているけど、家族はたまにとんでもないことをやらかします。

買い忘れたものを頼んだり、夕食のお刺身を好きなものを選んで買ってきてもらったりしたときに、買ったものが入ったビニール袋を、テーブルの上にどんっと載せるのです。それは、私の感覚では靴をテーブルに載せてるのと同じです。
何回もやめてと頼んだ結果、子どもはやっと手渡ししてくれるようになりました。夫は相変わらずなので、もう先手必勝で、玄関先まで受け取りに行くことにしています。だから、そういうときだけ妙にいい妻っぼくなります。
きっと夫は「買い物を頼んだことに負い目があって受け取りに来るんだろう」と思ってるでしょう。でも、違うのです。ただ、テーブルの上に靴を置かれたくないだけです。
になってしまいそうですもんね。
今回の件、きっと共感されないだろうなと思ってます。この調子で気にしていたら、もう世の中すべてのものが靴並みの汚さだからもう最初から、私の感覚ではと前置きしてあります。数えたら、私の感覚ではって6回も書いてました。
でも、自分の中ではゆずれないことなんですよね。やっぱり私、潔癖症っぽいです。

潔癖症っぽい人の結婚·育児私はこの本でこそ、潔癖症っぽいと公言してますが、実生活ではできるだけ言わないようにしています。
特に今後も知り合いで居続けたい、あるいは居続けなければならない相手には言いません。気を使わせたりしてしまいそうでイヤだし、中には潔癖症っぽいことをネタにして、かちかってきたりす逆に、その場だけの付き合いで済むような場合は、そういう話題になったときには隠さずに普通に言います。
ちょっと昔の話だけど子どもをいつもと違う公園に連れて行ったときに会ったお母さんとか、バスの座席で隣同士になって話しかけてきたおばさまとか。
家づくりをする際の対

考えてしまったの建設され大手ハウスメーカー

「だから、気安く触ったりしないでね」という牽制にもなるし、話のタネにもなったりしますしね。
もいますから。
そういうときによく言われるのが、「潔癖症なのに、よく結婚できたわね」や「潔癖症で育児するのってつらそう」などです。
そうですよね。
自分でもそう思います。
たぶん、今の私の状態で、これから結婚して出産して育児するとなったら、正直に言ってできる自信はありません。
でも私は運よく、潔癖症っぽさがひどくなる前にこれらのことを済ますことができました。というか、むしろ結婚·出産·育児·私の今の潔癖症っぽさを100として、今までの経緯をグラフにしてみました。
を経験することによって、潔癖症っぽさが強化されてったという感じです。

結婚前から潔癖症っぽいところはありました。今が100なら、その頃は30ぐらいです、30でも充分潔癖症っぽいです。
今振り返ってみれば、その状態で人と一緒に住むとかありえないと思うけれど、ちょっと舞い上がってたし、結婚というものに憧れがあったし、うにかしたかったし、子どもも産んでみたかったし……ほんの少し不安はあったけれど、なんとかなるんじゃないかと思っていました。
結婚式を挙げてみたかったし、ひとり暮らしをしていた部屋が狭くてどそして実際に結婚してみたら、急激に潔癖症っぽさがアップしました。
これは結婚がどうこうというより、もともと他人だった人間と24時間365日一緒に住むというのが予想以上にきつかったのです。
るので、考え方によっては無事になんとかなったと言えるのかもしれませんが。
なんとかなると思ってた私は甘かったです。
でも、離婚するわけでもなく今に至ってい具体的に何がきつかったのか、ちょっとだけ例を挙げてみましょう。本当はこの件についてだけでも軽く10ページぐらい書けるけれど……床に落ちている、明らかに自分のものではない髪の毛、フケ、どこの部分のだか考えたくない毛。白い洗面台に放置される粉状のヒゲ手を濡らすだけでしっかり洗わずに拭くのですぐに黒ずんでくるタオル。
暮らしのときには考えられないような汚れ方をするトイレ……もうこのへんにしておきましょうか。
ひとりとにかく、自分以外の人が出した汚いものに毎日囲まれているというのは、私にとってはきつかったです。
このことで、人って汚いと思う気持ちが強くなってしまいました。

間取りはどんどん良く


家はつくれないと考えるのではなく

それでもなんとか我慢して、妊娠し、出産し、子育てを始めると今度は「子どもを汚いものから守らなければならない」という気持ちが強くなります。
哺乳瓶を毎回消毒しなければいけないほどなんだから、赤ちゃんの周りのものや居る場所など、すべてをキレイにしなければと思ってしまったのです。
そして子どもが成長してくると、今度は子ども自身が持ち込んでくる汚れに悩まされます。
うれしそうにポケットに入れて持って帰ってくる石ころや葉っぱやドングリ。服は泥だらけ。頭をちょっと触れば、砂がバラバラと落ちてくることだってあります。
こうなるともう、子どもを汚れから守ることはあきらめ、「私自身を汚いものから守らなければならない」と思うようになってきます。
こうして、どんどん熟成されてできあがったのが、今の私です。
もし、まあ、結婚していなければ、ひとり暮らしのままならば、今ここまで潔癖症っぽくなってないと思います。今は100だけど、きっと40ぐらいをキープできていたような気がするんです。
想像で言ってるだけなので、実際どうなっていたかはわかりませんが。もしかしたら、ものすごい重度の潔癖症になっていた可能性もありますしね。
もしも、結婚を決める前後の私のところに、今の私がタイムトラベルできたら、潔癖症の人が結婚するということについて教えてあげたいです。
結婚をやめるように説得するという意味ではありません。とにかくあのころの私は、よく考えてもいなかったし、心構えも足りなかったのです。
家震災への備えや

家はつくれないと考えるのではなく

そうやってなるべく急いで、手早く袋詰めして、さっさと帰ります。
家に着いたらエコバッグをキッチンに持っていって、中身を冷蔵庫や冷凍庫に入れなければいけません。このときにエコバッグを床に直接置いてはダメです。だって、私の感覚ではスーパーの床と同じ汚さのサッカー台に載せたエコバッグですから。
かといって手に持ったまま中身を出すのは大変なので、キッチンには小さなシートがたたんで置いてあります。買い物から帰ってきたら、このシートをキッチンの床にサッと広げ、その上にエコバッグを置くのです。
ほら、こうすれば、冷蔵庫に靴を入れなくても済むし、みんなが幸せですよ。
私はこうやって気をつけているけど、家族はたまにとんでもないことをやらかします。

買い忘れたものを頼んだり、夕食のお刺身を好きなものを選んで買ってきてもらったりしたときに、買ったものが入ったビニール袋を、テーブルの上にどんっと載せるのです。それは、私の感覚では靴をテーブルに載せてるのと同じです。
何回もやめてと頼んだ結果、子どもはやっと手渡ししてくれるようになりました。夫は相変わらずなので、もう先手必勝で、玄関先まで受け取りに行くことにしています。だから、そういうときだけ妙にいい妻っぼくなります。
きっと夫は「買い物を頼んだことに負い目があって受け取りに来るんだろう」と思ってるでしょう。でも、違うのです。ただ、テーブルの上に靴を置かれたくないだけです。
になってしまいそうですもんね。
今回の件、きっと共感されないだろうなと思ってます。この調子で気にしていたら、もう世の中すべてのものが靴並みの汚さだからもう最初から、私の感覚ではと前置きしてあります。数えたら、私の感覚ではって6回も書いてました。
でも、自分の中ではゆずれないことなんですよね。やっぱり私、潔癖症っぽいです。

潔癖症っぽい人の結婚·育児私はこの本でこそ、潔癖症っぽいと公言してますが、実生活ではできるだけ言わないようにしています。
特に今後も知り合いで居続けたい、あるいは居続けなければならない相手には言いません。気を使わせたりしてしまいそうでイヤだし、中には潔癖症っぽいことをネタにして、かちかってきたりす逆に、その場だけの付き合いで済むような場合は、そういう話題になったときには隠さずに普通に言います。
ちょっと昔の話だけど子どもをいつもと違う公園に連れて行ったときに会ったお母さんとか、バスの座席で隣同士になって話しかけてきたおばさまとか。

マンションを購入する人は十年後


間取りはどんどん良く
「だから、気安く触ったりしないでね」という牽制にもなるし、話のタネにもなったりしますしね。
もいますから。
そういうときによく言われるのが、「潔癖症なのに、よく結婚できたわね」や「潔癖症で育児するのってつらそう」などです。
そうですよね。
自分でもそう思います。
たぶん、今の私の状態で、これから結婚して出産して育児するとなったら、正直に言ってできる自信はありません。
でも私は運よく、潔癖症っぽさがひどくなる前にこれらのことを済ますことができました。というか、むしろ結婚·出産·育児·私の今の潔癖症っぽさを100として、今までの経緯をグラフにしてみました。
を経験することによって、潔癖症っぽさが強化されてったという感じです。

結婚前から潔癖症っぽいところはありました。今が100なら、その頃は30ぐらいです、30でも充分潔癖症っぽいです。
今振り返ってみれば、その状態で人と一緒に住むとかありえないと思うけれど、ちょっと舞い上がってたし、結婚というものに憧れがあったし、うにかしたかったし、子どもも産んでみたかったし……ほんの少し不安はあったけれど、なんとかなるんじゃないかと思っていました。
結婚式を挙げてみたかったし、ひとり暮らしをしていた部屋が狭くてどそして実際に結婚してみたら、急激に潔癖症っぽさがアップしました。
これは結婚がどうこうというより、もともと他人だった人間と24時間365日一緒に住むというのが予想以上にきつかったのです。
るので、考え方によっては無事になんとかなったと言えるのかもしれませんが。
なんとかなると思ってた私は甘かったです。
でも、離婚するわけでもなく今に至ってい具体的に何がきつかったのか、ちょっとだけ例を挙げてみましょう。本当はこの件についてだけでも軽く10ページぐらい書けるけれど……床に落ちている、明らかに自分のものではない髪の毛、フケ、どこの部分のだか考えたくない毛。白い洗面台に放置される粉状のヒゲ手を濡らすだけでしっかり洗わずに拭くのですぐに黒ずんでくるタオル。
暮らしのときには考えられないような汚れ方をするトイレ……もうこのへんにしておきましょうか。
ひとりとにかく、自分以外の人が出した汚いものに毎日囲まれているというのは、私にとってはきつかったです。
このことで、人って汚いと思う気持ちが強くなってしまいました。
部屋を使っていない時

住宅を工業製品の延長として考えてい

それでもなんとか我慢して、妊娠し、出産し、子育てを始めると今度は「子どもを汚いものから守らなければならない」という気持ちが強くなります。
哺乳瓶を毎回消毒しなければいけないほどなんだから、赤ちゃんの周りのものや居る場所など、すべてをキレイにしなければと思ってしまったのです。
そして子どもが成長してくると、今度は子ども自身が持ち込んでくる汚れに悩まされます。
うれしそうにポケットに入れて持って帰ってくる石ころや葉っぱやドングリ。服は泥だらけ。頭をちょっと触れば、砂がバラバラと落ちてくることだってあります。
こうなるともう、子どもを汚れから守ることはあきらめ、「私自身を汚いものから守らなければならない」と思うようになってきます。
こうして、どんどん熟成されてできあがったのが、今の私です。
もし、まあ、結婚していなければ、ひとり暮らしのままならば、今ここまで潔癖症っぽくなってないと思います。今は100だけど、きっと40ぐらいをキープできていたような気がするんです。
想像で言ってるだけなので、実際どうなっていたかはわかりませんが。もしかしたら、ものすごい重度の潔癖症になっていた可能性もありますしね。
もしも、結婚を決める前後の私のところに、今の私がタイムトラベルできたら、潔癖症の人が結婚するということについて教えてあげたいです。
結婚をやめるように説得するという意味ではありません。とにかくあのころの私は、よく考えてもいなかったし、心構えも足りなかったのです。

施工会社の方の意見も聞いて見てはい

住宅すごろくのモデルいまはどう

建築図面はどういったものがあるのでしょう
一番いいのは、一緒にテーブルをキレイに保ってくれる人だと思います。何も言わなくても自ら進んで拭いてくれたりするような人です。
でも、これはきっと難しいでしょう。相手にここまで求めるのは、理想が高すぎます。
次にいいのは、自ら拭いたりはしないけれど、できるだけキレイに使おうと努力してくれる人。
そういう人なら、何も問題ないと思います。
その次に、特に意識せず普通に使うけれど、あなたの気持ちは理解してくれていて、あなたが一生懸命テーブルを拭いたりしているのを許してくれる人。
このぐらいなら現実的ですし、わりと多くの人がこのタイプに当てはまるのではないかと思います。このレベルの人なら大丈夫だと思うので、ぜひ、お相手にはこのレベルにいてほしいところです。
さあ、問題はここからです。
普通に使う人の中には、あなたがしつこくテーブルを拭いているのを嫌がる人もいます。
潔癖症の人だって、頭ではわかっているのです「ちょっと気にしすぎ、やり過ぎだな」い人なら、その人は、潔癖症の人が結婚すべき相手ではないと思います。
「ちょっとおかしいんじゃないの?」とか「そんなことしたって意味無いのに」とか。
と。頭ではわかっていても、テーブルを拭かずにはいられないから拭いてるんです。そこを理解してくれない、理解する気もな大した問題ではなかったですが。
そして最後のわざと汚す人。「そんなヤツいないでしょう」と思うかもしれませんが、います。私は遭遇したことがあります。幸いにも、結婚相手ではなくただの知り合いだったので、その人は、私が本気で嫌がっているのが理解できずに、ふざけて何度も汚してくるような人でした。(こういう経験から、潔癖症っぽいことを周囲に隠すようになったわけです)
潔癖症じゃない人にとっては、潔癖症の人の行動や考え方が理解できない場合もあるでしょう。

一番いいのは、一緒にテーブルをキレイに保ってくれる人だと思います。何も言わなくても自ら進んで拭いてくれたりするような人です。
でも、これはきっと難しいでしょう。相手にここまで求めるのは、理想が高すぎます。
次にいいのは、自ら拭いたりはしないけれど、できるだけキレイに使おうと努力してくれる人。
そういう人なら、何も問題ないと思います。
その次に、特に意識せず普通に使うけれど、あなたの気持ちは理解してくれていて、あなたが一生懸命テーブルを拭いたりしているのを許してくれる人。
このぐらいなら現実的ですし、わりと多くの人がこのタイプに当てはまるのではないかと思います。このレベルの人なら大丈夫だと思うので、ぜひ、お相手にはこのレベルにいてほしいところです。
さあ、問題はここからです。
普通に使う人の中には、あなたがしつこくテーブルを拭いているのを嫌がる人もいます。
潔癖症の人だって、頭ではわかっているのです「ちょっと気にしすぎ、やり過ぎだな」い人なら、その人は、潔癖症の人が結婚すべき相手ではないと思います。
「ちょっとおかしいんじゃないの?」とか「そんなことしたって意味無いのに」とか。
と。頭ではわかっていても、テーブルを拭かずにはいられないから拭いてるんです。そこを理解してくれない、理解する気もな大した問題ではなかったですが。
そして最後のわざと汚す人。「そんなヤツいないでしょう」と思うかもしれませんが、います。私は遭遇したことがあります。幸いにも、結婚相手ではなくただの知り合いだったので、その人は、私が本気で嫌がっているのが理解できずに、ふざけて何度も汚してくるような人でした。(こういう経験から、潔癖症っぽいことを周囲に隠すようになったわけです)
潔癖症じゃない人にとっては、潔癖症の人の行動や考え方が理解できない場合もあるでしょう。
工事につながるおそれ

家づくりに慣れている必要が出てき

むしろ人としてどうかと思うので論外です。
でも理由はどうあれ、やめて欲しいと本気でお願いしてることをやり続けるのですから、こういう人は結婚相手確かに、として、そういうふうに思ってしまって、そして、わざと汚す人の中には、もっと厄介な人がいます。それは、善意からわざと汚してくる人です。大事なあなたがどうやら潔癖症らしい。かわいそう。治してあげたい。
ク療法的な意味でわざと汚すのです。
あなたが、そんなお相手の思いに感動して、テーブルを拭くのをやめられるならいいけれど、そう簡単にやめられないですよね。やめられないあなたと、やめさせたいお相手。
すしかも、お相手に悪意はないのです。善意と厚意と愛情があるだけです。これは本当に厄介です。
ショッずっと戦い続けるのは、つらいと思いま潔癖症だということを話したら、すんなり受け入れてくれた!だから問題ない、大丈夫!と安心するのではなく、どういう気持ちで受け入れてくれたのかまで確認するのが重要なのです。
潔癖症であるあなたを治してあげようなのか、「気持ちよく暮らせるように協力してあげよう」なのか、「気の済むように好きにさせてあげよう」なのか。
あなたは「まあ、このまま潔癖症とうまいこと付き合っていけばいいや」という考えでいるのに、お相手は「潔癖症なんて俺が治してやる!」と熱くなっているなら、申し訳ないですがありがた迷惑以外のなにものでもないです。
あなたの「潔癖症の自分に対するスタンス」と、お相手の「潔癖症の結婚相手に対するスタンス」が一致していることは、幸せな結婚生活の鍵だと思います。
そして、もうひとつ、大事なことがあります。
あなたが今までやってきた潔癖症仕様の掃除、潔癖症仕様の洗濯、その他潔癖症仕様のいろいろを、こだわりたいなら、今後一生、自分がやることになると、覚悟しましょう。
結婚したら相手もやってくれるようになると思うのは大間違いです。
望むだけ無駄です。
◇潔癖症の人と結婚するなら今度は、お相手が潔癖症だった場合を考えてみます。
お相手が隠さずに「俺は、私は、潔癖症である」と言ってくれたとします。

工事なども全て出して


建築に興味ある方

そんな言い難いことを隠さずに言ってくれた誠実さに感動し、「大丈夫、こんな誠実な人とならやっていける」と結婚を承諾し、めでたしめでたしといきたいところですが、油断してはいけません。
潔癖症の人からしてみれば、自分が潔癖症であることを隠さずに伝えたんだからOKと考えます。潔癖症とさえ伝えれば、自分のすべてを伝えた気になっているのです。
でも、ひと口に潔癖症といっても、いろいろな種類、いろいろなレベルがあります。果たして、二人がそれぞれ思っている潔癖症は、同じものでしょうか。
ここに、太郎さんと花子さんというカップルがいます。
太郎「実は、俺、潔癖症なんだ」花子そうなの?たとえば?
太郎「そうだな……基本飴に、掃除は毎日しないとダメだな」花子そのくらいなら、私もできるから大丈夫よ!私もキレイ好きだし!一見、なんの問題もない会話に見えますが、実は、太郎さんの思う掃除は毎日と、花子さんの思う掃除は毎日には大きなへだたりがあります。
太郎さんの言っている掃除は毎日とは、「すべての部屋に掃除機をかけて、すべての床や家具に雑巾がけをして、すべての窓もピカピカに拭き、キッチンと浴室も完璧に磨き上げたあとに1滴の水も残さずに拭き取るというフルコースの掃除を毎日する」という意味です。
一方、花子さんの思っている掃除は毎日は、「毎日、どこかしらの掃除をする」という意味です。今日はリビングにフローリソグワイバーをかけて終了。次のHは寝室に掃除機をかけて終了。その火の日はキッチン。そのまた次の日に浴室。窓なんて大掃除のときに拭くものだから、普段は触りません。
確かにどちらも、掃除は毎日です。
部屋を使っていない時

建築に興味ある方

一番いいのは、一緒にテーブルをキレイに保ってくれる人だと思います。何も言わなくても自ら進んで拭いてくれたりするような人です。
でも、これはきっと難しいでしょう。相手にここまで求めるのは、理想が高すぎます。
次にいいのは、自ら拭いたりはしないけれど、できるだけキレイに使おうと努力してくれる人。
そういう人なら、何も問題ないと思います。
その次に、特に意識せず普通に使うけれど、あなたの気持ちは理解してくれていて、あなたが一生懸命テーブルを拭いたりしているのを許してくれる人。
このぐらいなら現実的ですし、わりと多くの人がこのタイプに当てはまるのではないかと思います。このレベルの人なら大丈夫だと思うので、ぜひ、お相手にはこのレベルにいてほしいところです。
さあ、問題はここからです。
普通に使う人の中には、あなたがしつこくテーブルを拭いているのを嫌がる人もいます。
潔癖症の人だって、頭ではわかっているのです「ちょっと気にしすぎ、やり過ぎだな」い人なら、その人は、潔癖症の人が結婚すべき相手ではないと思います。
「ちょっとおかしいんじゃないの?」とか「そんなことしたって意味無いのに」とか。
と。頭ではわかっていても、テーブルを拭かずにはいられないから拭いてるんです。そこを理解してくれない、理解する気もな大した問題ではなかったですが。
そして最後のわざと汚す人。「そんなヤツいないでしょう」と思うかもしれませんが、います。私は遭遇したことがあります。幸いにも、結婚相手ではなくただの知り合いだったので、その人は、私が本気で嫌がっているのが理解できずに、ふざけて何度も汚してくるような人でした。(こういう経験から、潔癖症っぽいことを周囲に隠すようになったわけです)
潔癖症じゃない人にとっては、潔癖症の人の行動や考え方が理解できない場合もあるでしょう。

住宅すごろくのモデルいまはどう


工事なども全て出して
むしろ人としてどうかと思うので論外です。
でも理由はどうあれ、やめて欲しいと本気でお願いしてることをやり続けるのですから、こういう人は結婚相手確かに、として、そういうふうに思ってしまって、そして、わざと汚す人の中には、もっと厄介な人がいます。それは、善意からわざと汚してくる人です。大事なあなたがどうやら潔癖症らしい。かわいそう。治してあげたい。
ク療法的な意味でわざと汚すのです。
あなたが、そんなお相手の思いに感動して、テーブルを拭くのをやめられるならいいけれど、そう簡単にやめられないですよね。やめられないあなたと、やめさせたいお相手。
すしかも、お相手に悪意はないのです。善意と厚意と愛情があるだけです。これは本当に厄介です。
ショッずっと戦い続けるのは、つらいと思いま潔癖症だということを話したら、すんなり受け入れてくれた!だから問題ない、大丈夫!と安心するのではなく、どういう気持ちで受け入れてくれたのかまで確認するのが重要なのです。
潔癖症であるあなたを治してあげようなのか、「気持ちよく暮らせるように協力してあげよう」なのか、「気の済むように好きにさせてあげよう」なのか。
あなたは「まあ、このまま潔癖症とうまいこと付き合っていけばいいや」という考えでいるのに、お相手は「潔癖症なんて俺が治してやる!」と熱くなっているなら、申し訳ないですがありがた迷惑以外のなにものでもないです。
あなたの「潔癖症の自分に対するスタンス」と、お相手の「潔癖症の結婚相手に対するスタンス」が一致していることは、幸せな結婚生活の鍵だと思います。
そして、もうひとつ、大事なことがあります。
あなたが今までやってきた潔癖症仕様の掃除、潔癖症仕様の洗濯、その他潔癖症仕様のいろいろを、こだわりたいなら、今後一生、自分がやることになると、覚悟しましょう。
結婚したら相手もやってくれるようになると思うのは大間違いです。
望むだけ無駄です。
◇潔癖症の人と結婚するなら今度は、お相手が潔癖症だった場合を考えてみます。
お相手が隠さずに「俺は、私は、潔癖症である」と言ってくれたとします。
家だけれど浜さんが買

マンションで最重要の給排水管の交換

そんな言い難いことを隠さずに言ってくれた誠実さに感動し、「大丈夫、こんな誠実な人とならやっていける」と結婚を承諾し、めでたしめでたしといきたいところですが、油断してはいけません。
潔癖症の人からしてみれば、自分が潔癖症であることを隠さずに伝えたんだからOKと考えます。潔癖症とさえ伝えれば、自分のすべてを伝えた気になっているのです。
でも、ひと口に潔癖症といっても、いろいろな種類、いろいろなレベルがあります。果たして、二人がそれぞれ思っている潔癖症は、同じものでしょうか。
ここに、太郎さんと花子さんというカップルがいます。
太郎「実は、俺、潔癖症なんだ」花子そうなの?たとえば?
太郎「そうだな……基本飴に、掃除は毎日しないとダメだな」花子そのくらいなら、私もできるから大丈夫よ!私もキレイ好きだし!一見、なんの問題もない会話に見えますが、実は、太郎さんの思う掃除は毎日と、花子さんの思う掃除は毎日には大きなへだたりがあります。
太郎さんの言っている掃除は毎日とは、「すべての部屋に掃除機をかけて、すべての床や家具に雑巾がけをして、すべての窓もピカピカに拭き、キッチンと浴室も完璧に磨き上げたあとに1滴の水も残さずに拭き取るというフルコースの掃除を毎日する」という意味です。
一方、花子さんの思っている掃除は毎日は、「毎日、どこかしらの掃除をする」という意味です。今日はリビングにフローリソグワイバーをかけて終了。次のHは寝室に掃除機をかけて終了。その火の日はキッチン。そのまた次の日に浴室。窓なんて大掃除のときに拭くものだから、普段は触りません。
確かにどちらも、掃除は毎日です。