月別アーカイブ: 2019年7月

修繕リーダーに私が選ばれました大規模

工事委員会の場だけでなく

この方法だと3枚の下着が同じ頻度だけ使用されることになります。一方で大きい引き出しいっぱいに下着が入れる方法だと、手前にあるものばかり着まわしてしまいます。すべての下着が古くなったら、感謝の意味を込めて最後に綺麗に洗ったあとに捨て、すべて新品に取替えましょう。
この状態を維持すると、旅行の準備も楽になります。旅行の日数によらずに持っていくものは手持ちの下着が入っているケースごとです。一週間の旅行だから、下着は何枚で。..などと考える必要はありません。それに洗剤や漂白剤を百円ショップに売っている小分けの容器に入れて、物干しロープを持っていけば、出先でもまったく同じ環境が出来上がります。旅行から帰ってきて大量の下着を洗濯する必要がないどころか、洗濯する下着はゼロです。帰ったらこの大量の洗濯をしないといけないなあと、余計なストレスを抱えなくて良いのは、精神的におちつきます。

バスタオルは不要もうかなり昔の話ですが、某テレビ番組で百人のスタジオ観覧者を対象にアンケートをとったところ、「家にバスタオルが1枚もない」というかたが一人だけで、ピタリ賞になっていました。その時の司会者の反応は、どうやって体を拭いているの?というものでした。番組としては面白い結果となって良かったのですが、さて、バスタオルは本当に必要でしょうか?
結論から申し上げますと、私の家にはバスタオルはありません。洗面台などに掛かっている、通常の大きさのタオルが数枚あるだけです。お風呂上がりには、新しいタオルで体を拭き上げます。試せばすぐに分かりますが、普通のタオルで体は全部拭けます。女性も、ロングヘアでなければ髪も乾きます。バスタオルは洗濯したあと干すのが大変ですし、普通のタオルと別に収納する必要があり、場所もとります。

施工会社の方の意見も聞いて見てはい家族乗りさえ見かける


家を有効に使う事ができなく

>家を有効に使う事ができなくその点、通常のタオルだけであれば、小さいので洗濯は楽ですし場所もとりません。体を拭くためのものと、洗面台のものに分ける必要はあるかもしれませんが、管理はとても楽になります。洗面台で使って古くなったタオルを、体を拭くために使いまわすのも良いアイディアでしょう。普通のタオルで体を拭くようになると、体の水を拭くために、なんで今まであんなに大きいタオルで拭いていたんだろうと思います大げさかもしれませんが、風呂あがりの体はバスタオルで拭くもの、という固定観念があると自然と不便な生活を続けてしまうものです。これが日常生活からなくなるとどうなるだろう。何かで代用できないだろうかと常に考えることで必要十分生活は少しずつ改善されていきます。この固定観念を破った新しいルールがうまくいったときに、何ともいえない喜びを感じます。

本は、読む本だけ手元に置く家に大きな本棚があって、これまで自分が買った本がずらりと並んでいるのはよくある光景です。私も以前は天井まである大きな本棚に、本をギュウギュウに詰めていました。時々入りきらなくて、本棚の上に置いたり、本の前に本を置いて、後ろにある本が見えなくなったりしていました。しかし、残念なことに本棚の本の多くは読まれることはなく、その背表紙を見るたびに「いつか読まないと..。」と思っていました。そして、旅行中など時間があるときには、その本は手元にありませんでした。
今現在、私の手元には本は現在読んでいる最中の本が数冊あるだけです。本棚はありません。すべての本は、ブックスキャンという蔵書の電子化サービスに送って取り込まれました。ブックスキャンでは毎月定額で、一定量の本をスキャンしてくれるサービスを行っています。私はこれまでに五百冊以上の本をスキャンしてもらいましたoOCRサービス(画像となった文字に、検索ができるように文字情報を付け加えるサービス)も付けられるので、教科書などをコピーすればパソコンでその内容を検索できます。定額以外のプランや、取り込めない本の種類などもありますので、詳細はホームページを御覧ください。
自炊といって、自分で本を裁断して、スキャナで取り込む方法もあります。私自身もかつて専用機材を使って本を裁断し、業務用のスキャナで取り込んでいた時期もありました。


施工できない場合もあ

工事を請け負う会社

家が建てられるとしたらごしかし、裁断しただけで取り込まない本がでてきたり、本のタイトルを付けるのが面倒くさくなったりして何のファイルか分からなくなったりして、色々な問題がでてきました。
電子化のサービスを使うようになってからは、裁断に必要な機材は破棄してしまいました。今では読んでる最中の本だけを手元に置いておいて、読み終わったら電子化サービスに送って取り込んでもらっています。それら機材の場所と本を置くスペースがなくなったことで、部屋がすっきりとし、ソファなどを置く余裕もできます。更に良いことには、タブレットに取り込むことで、出先でちょっと時間が開いた時や、旅行先の夜にふと眠れなくなったときなどに、「いつか読もうと思っていた本」を開くことができるようになります電子書籍で同じものが手に入る時には、なるべく電子書籍を買うようにしています。そのほうが安いことが多いですし本の種類によっては文字の大きさが変えられたり、しおりを挟まなくても続きが読めたりと、色々便利です。何となく手元に本がないということに不安や不満を感じる方もいるかもしれませんが、私は「本を書いた人が伝えたいことを受け止める」ことが大切と考えていますので、あまり気にしていません。
タブレットが紙の本の代わりになれば、タブレットのスタンドを使うことで、読書に調度良い角度で固定されるので、本を読むのが楽になります。従来はブックスタンドを使っていましたが、ページを固定するのが大変だったり、大きすぎる本は挟めなかったりと不便な点もありました。特に参考譜を開いて学習するときなどに、タブレットは非常に便利で助かっています
はてな服は強制ローテーショ>まずはじめにお断りします。
してくださいおしゃれに気をつけていて、コーディネートについて日々考えておられる方は、読み飛ば私が着る服は、基本的に一年を通して変わりません。コートなどのアウターは変わりますが、基本的に中に着ているものは同じです。私の場合は襟付きの長袖シャツが6,7着、長袖シャツが4着、ダウンジャケットが1着、ジーンズを含むズボンが4枚、ダークスーツが1着です。半袖がないことが不思議かもしれませんが、暑ければ長袖を腕まくりして着ます。シャツもズボンも綺麗に折りたたんで一列に並べてあり、手前の物から順番にとって、着終わったものは洗って一番奥にしまいますので、シーズン中はまんべんなく着ることになります。シャツには厚さの違いが少しありますので、シーズンによってはローテーションから外れます。
数は少ないかもしれませんが、どの服も「ああ、久しぶりにこの服を着ていい気分だな」と思える服です。ローテーションに回ってきて嫌な服は、処分してしまいます。服の数は多くても、お気に入りの服が少なければ結局同じ服ばかり着回してしまうことになります。数は少なくても、自分がお気に入りの服を着ていれば、ハッピーになれますし、他の人もハッピーなあなたを見るのが嬉しいでしょう。施工会社の方の意見も聞いて見てはい施工できない場合もあこの方法だと3枚の下着が同じ頻度だけ使用されることになります。一方で大きい引き出しいっぱいに下着が入れる方法だと、手前にあるものばかり着まわしてしまいます。すべての下着が古くなったら、感謝の意味を込めて最後に綺麗に洗ったあとに捨て、すべて新品に取替えましょう。
この状態を維持すると、旅行の準備も楽になります。旅行の日数によらずに持っていくものは手持ちの下着が入っているケースごとです。一週間の旅行だから、下着は何枚で。..などと考える必要はありません。それに洗剤や漂白剤を百円ショップに売っている小分けの容器に入れて、物干しロープを持っていけば、出先でもまったく同じ環境が出来上がります。旅行から帰ってきて大量の下着を洗濯する必要がないどころか、洗濯する下着はゼロです。帰ったらこの大量の洗濯をしないといけないなあと、余計なストレスを抱えなくて良いのは、精神的におちつきます。

バスタオルは不要もうかなり昔の話ですが、某テレビ番組で百人のスタジオ観覧者を対象にアンケートをとったところ、「家にバスタオルが1枚もない」というかたが一人だけで、ピタリ賞になっていました。その時の司会者の反応は、どうやって体を拭いているの?というものでした。番組としては面白い結果となって良かったのですが、さて、バスタオルは本当に必要でしょうか?
結論から申し上げますと、私の家にはバスタオルはありません。洗面台などに掛かっている、通常の大きさのタオルが数枚あるだけです。お風呂上がりには、新しいタオルで体を拭き上げます。試せばすぐに分かりますが、普通のタオルで体は全部拭けます。女性も、ロングヘアでなければ髪も乾きます。バスタオルは洗濯したあと干すのが大変ですし、普通のタオルと別に収納する必要があり、場所もとります。


工事委員会の場だけでなく

その点、通常のタオルだけであれば、小さいので洗濯は楽ですし場所もとりません。体を拭くためのものと、洗面台のものに分ける必要はあるかもしれませんが、管理はとても楽になります。洗面台で使って古くなったタオルを、体を拭くために使いまわすのも良いアイディアでしょう。普通のタオルで体を拭くようになると、体の水を拭くために、なんで今まであんなに大きいタオルで拭いていたんだろうと思います大げさかもしれませんが、風呂あがりの体はバスタオルで拭くもの、という固定観念があると自然と不便な生活を続けてしまうものです。これが日常生活からなくなるとどうなるだろう。何かで代用できないだろうかと常に考えることで必要十分生活は少しずつ改善されていきます。この固定観念を破った新しいルールがうまくいったときに、何ともいえない喜びを感じます。

本は、読む本だけ手元に置く家に大きな本棚があって、これまで自分が買った本がずらりと並んでいるのはよくある光景です。私も以前は天井まである大きな本棚に、本をギュウギュウに詰めていました。時々入りきらなくて、本棚の上に置いたり、本の前に本を置いて、後ろにある本が見えなくなったりしていました。しかし、残念なことに本棚の本の多くは読まれることはなく、その背表紙を見るたびに「いつか読まないと..。」と思っていました。そして、旅行中など時間があるときには、その本は手元にありませんでした。
今現在、私の手元には本は現在読んでいる最中の本が数冊あるだけです。本棚はありません。すべての本は、ブックスキャンという蔵書の電子化サービスに送って取り込まれました。ブックスキャンでは毎月定額で、一定量の本をスキャンしてくれるサービスを行っています。私はこれまでに五百冊以上の本をスキャンしてもらいましたoOCRサービス(画像となった文字に、検索ができるように文字情報を付け加えるサービス)も付けられるので、教科書などをコピーすればパソコンでその内容を検索できます。定額以外のプランや、取り込めない本の種類などもありますので、詳細はホームページを御覧ください。
自炊といって、自分で本を裁断して、スキャナで取り込む方法もあります。私自身もかつて専用機材を使って本を裁断し、業務用のスキャナで取り込んでいた時期もありました。

家が建てられるとしたらご

工事委員会の場だけでなく建設会社が同じ場合しかし、裁断しただけで取り込まない本がでてきたり、本のタイトルを付けるのが面倒くさくなったりして何のファイルか分からなくなったりして、色々な問題がでてきました。
電子化のサービスを使うようになってからは、裁断に必要な機材は破棄してしまいました。今では読んでる最中の本だけを手元に置いておいて、読み終わったら電子化サービスに送って取り込んでもらっています。それら機材の場所と本を置くスペースがなくなったことで、部屋がすっきりとし、ソファなどを置く余裕もできます。更に良いことには、タブレットに取り込むことで、出先でちょっと時間が開いた時や、旅行先の夜にふと眠れなくなったときなどに、「いつか読もうと思っていた本」を開くことができるようになります電子書籍で同じものが手に入る時には、なるべく電子書籍を買うようにしています。そのほうが安いことが多いですし本の種類によっては文字の大きさが変えられたり、しおりを挟まなくても続きが読めたりと、色々便利です。何となく手元に本がないということに不安や不満を感じる方もいるかもしれませんが、私は「本を書いた人が伝えたいことを受け止める」ことが大切と考えていますので、あまり気にしていません。
タブレットが紙の本の代わりになれば、タブレットのスタンドを使うことで、読書に調度良い角度で固定されるので、本を読むのが楽になります。従来はブックスタンドを使っていましたが、ページを固定するのが大変だったり、大きすぎる本は挟めなかったりと不便な点もありました。特に参考譜を開いて学習するときなどに、タブレットは非常に便利で助かっています
はてな服は強制ローテーショ>まずはじめにお断りします。
してくださいおしゃれに気をつけていて、コーディネートについて日々考えておられる方は、読み飛ば私が着る服は、基本的に一年を通して変わりません。コートなどのアウターは変わりますが、基本的に中に着ているものは同じです。私の場合は襟付きの長袖シャツが6,7着、長袖シャツが4着、ダウンジャケットが1着、ジーンズを含むズボンが4枚、ダークスーツが1着です。半袖がないことが不思議かもしれませんが、暑ければ長袖を腕まくりして着ます。シャツもズボンも綺麗に折りたたんで一列に並べてあり、手前の物から順番にとって、着終わったものは洗って一番奥にしまいますので、シーズン中はまんべんなく着ることになります。シャツには厚さの違いが少しありますので、シーズンによってはローテーションから外れます。
数は少ないかもしれませんが、どの服も「ああ、久しぶりにこの服を着ていい気分だな」と思える服です。ローテーションに回ってきて嫌な服は、処分してしまいます。服の数は多くても、お気に入りの服が少なければ結局同じ服ばかり着回してしまうことになります。数は少なくても、自分がお気に入りの服を着ていれば、ハッピーになれますし、他の人もハッピーなあなたを見るのが嬉しいでしょう。


工事につながるおそれがある

住宅の付加価値設備という

なぜ散らかるのか世の中には色々な片付けや収納の本がありますが、実際に会社で机がきれいな人は殆どいません。自分の家の綺麗さに満足している人も少ないと思います。なぜうまく行かないのでしょうか。色々な答えがあると思いますが、根本的な問題として、元も子もないような言い方かもしれませんが、その本に書いてあることが解決になっていないというものです。
ライフスタイルは人それぞれ、想像以上に異なっています。生活を共にしている家族の間ですら、その常識の違いからケンカになります。
私の生活空間は最近5年間でかなり変わりました。
ルのもと、各論は本文の中に書いてありますが、一言でいうと、心地よいルーある状態に収束する生活になっていますとルールは違います。
「何となくこう決めている」か巨大な山になります曖昧な決まり事は、その隙間から沢山のものが漏れていって、いつしそのルールを作るのは非常に頭をつかう作業です。時には自分の常識を覆す、大きな発想の転換が必要になります。それは、知的なゲームであり、結果が目の前に見えてますから、一度うまくいくと考えるのが楽しくなります。シンプルなルールを決めることで、ピタッと上手くいくことが確認できたときは大発見をした気分になります本書に書いてあるルールを私は1つずつ試してみて、改良を加えています。今も改良中です。住む場所が変わったり自分が置かれている状況が変わると、その都度新しいルールを作って試すことを楽しんでいます本譜を読んでいただくにあたって注意していただきたいのは、本潛は解決方法を提示しているのではないということです。「こういうルールを作ってみたら、こんな結果になったよ」という実例集と思って読んでください。他人が作ったルールは役に立ちませんし、何より面白くありません。ご自身のこれまでの経験から、自分なりのルールを作って、試行錯誤してみてください。

工事なども全て出してもらってくだ間取りにするためにはどうすれば良い


住宅一九一七年一月号がある

>住宅一九一七年一月号があるまずは机の上を確認私は仕事上デスクワークが多く、家でデスクワークの続きをすることも多いです。家に自分が勉強や仕事するための机を持っておられるかたは、机の上を見てみてください。ペン立てにずっと使っていないボールペンが入っていたりしませんか、もう不要と思われる書類や、いつ詰め替えるか分からないホッチキスの針、もう何のことか分からないけど捨てられないメモ、一度も読んでいないけど捨てられない本などはありませんか?
そのようなものは、気を奪っていきばす。
見るたびに一瞬ですがそして、「ああ、これをどうしようかな」という気持ちになり、一緒に楽しく過ごす時間や余裕を奪っていきます少しずつあなたの元本当に大切な人に優しくしたり、少しずつ身の回りの環境が良い方向に向いていきます。
本書に書いてあることを実践すれば、るととても気持ちよくて、例えばあなたの机は、座勉強や新しいことを始めたくなる場所になるでしょう。

机の上を運ぶそのため、会社の共用デスクなど、私が帰ったあとは机の上にはいつどこでも全く同じ環境が広私は移動の時に机の上のもの全てを持って移動することに決めています。
図書館、も何もなく、どこに行っても同じ環境が整います。ホテル、がるので、環境変化によるストレスがあまりかかりません。
私がいつも持ち歩いているものは以下のとおりです。
·リュック·名刺入れ·社員証PC用のメガネ、メガネケース弁当箱リュックに入るもの水筒折りたたみ傘·エコバッグボールペン、万年筆タコ足の延長ケーブルパソコン、パソコンのケースiPad、iPadケース1メートル··携帯iPhoneパソコンのACアダプター·iPadのACアダプターUSB型のメモリーカードイヤホンiPhone、携帯の充電ケーブル出先で携帯を充電できるモバイルバッテリーiPadの充電ケーブル·イヤホンやケーブルは百円ショップで売っている小さい透明なケースにいれています。それを含めてこまごまとしたものは、レイメイ藤井のKeptというペンケースに入れています。そうすることで、リュックのなかがゴチャゴチャになるのを避けています。このKeptは非常によくできていて、パソコンのACアダプターがうまく入れば、非常にコンパクトに収まりますここで重要なのは、私が上記のものをワンセットしかもっていない、ということです。


住宅情報誌やインター

家づくりの本などを見ていると先ず

修繕委員会に示すことが大切工事やつまり、家に予備のケーブル、傘、イヤホンはありません。さらに言えば、かばんもこのリュックひとつです。他のかばんも持っていましたが、捨てました職場に行くとリュックの中身を傘以外全部だします。必要だからです。そして家に帰るときは全部リュックにしまって、また家に帰ると机の上に全部出します。家でも同じ環境でデスクワークもちろん仕事とは限りませんができます。毎日すべてを出すことで、不要なもののチェックになります。また、出したけれど使わないものにも気づきますので、家に置いておけるものも自然に分かってきます環境変化によるストレスは、普段あまり意識することがありませんが、旅行先での生活や出張先での業務で感じることがあるかと思います。私も数年前は自宅と職場の両方に同じ環境を整えるために、パソコンのモニター、筆記用具などを自宅と職場の両方に揃えたりしていました。しかし、それでは物が増える結果、メンテナンスにお金も手間もかかりますし、出張先や他の場所では、もはや何もする気になれません。試行錯誤をして、ストレスなく同じ環境にしようと思った結果が現在のスタイルです
机の上に不要なものペン立てペン立ては不要です。ペンは万年筆1本、ボールペン1本あれば十分です。私は普段は万年筆を使います。もし、購入される場合は、試し書きをして自分にしっくりくるものを買ってください。私はペリカンのスーベレーンM400を使っています。ずっと使っていると引っかかりが少なくなってきて、書き心地が良くなります。万年筆だと書きにくい書類などがあるときは、ボールペンを使います。これらはいずれも持ち運びますので、机の上にはペン立ては不要です。私も以前は蛍光ペンや、予備のボールペン、定規などを机に立てていました。今はつかっていませんが、もし頻繁に使う機会がでてきたら、お気に入りのものを一つ買って、カバンに入れて持ち運びます。最近使ってなければ、多分捨ててしまっても大丈夫です。予備のペンは不要です。施工できない場合もありご自身の工事において住宅情報誌やインターなぜ散らかるのか世の中には色々な片付けや収納の本がありますが、実際に会社で机がきれいな人は殆どいません。自分の家の綺麗さに満足している人も少ないと思います。なぜうまく行かないのでしょうか。色々な答えがあると思いますが、根本的な問題として、元も子もないような言い方かもしれませんが、その本に書いてあることが解決になっていないというものです。
ライフスタイルは人それぞれ、想像以上に異なっています。生活を共にしている家族の間ですら、その常識の違いからケンカになります。
私の生活空間は最近5年間でかなり変わりました。
ルのもと、各論は本文の中に書いてありますが、一言でいうと、心地よいルーある状態に収束する生活になっていますとルールは違います。
「何となくこう決めている」か巨大な山になります曖昧な決まり事は、その隙間から沢山のものが漏れていって、いつしそのルールを作るのは非常に頭をつかう作業です。時には自分の常識を覆す、大きな発想の転換が必要になります。それは、知的なゲームであり、結果が目の前に見えてますから、一度うまくいくと考えるのが楽しくなります。シンプルなルールを決めることで、ピタッと上手くいくことが確認できたときは大発見をした気分になります本書に書いてあるルールを私は1つずつ試してみて、改良を加えています。今も改良中です。住む場所が変わったり自分が置かれている状況が変わると、その都度新しいルールを作って試すことを楽しんでいます本譜を読んでいただくにあたって注意していただきたいのは、本潛は解決方法を提示しているのではないということです。「こういうルールを作ってみたら、こんな結果になったよ」という実例集と思って読んでください。他人が作ったルールは役に立ちませんし、何より面白くありません。ご自身のこれまでの経験から、自分なりのルールを作って、試行錯誤してみてください。


住宅の付加価値設備という

まずは机の上を確認私は仕事上デスクワークが多く、家でデスクワークの続きをすることも多いです。家に自分が勉強や仕事するための机を持っておられるかたは、机の上を見てみてください。ペン立てにずっと使っていないボールペンが入っていたりしませんか、もう不要と思われる書類や、いつ詰め替えるか分からないホッチキスの針、もう何のことか分からないけど捨てられないメモ、一度も読んでいないけど捨てられない本などはありませんか?
そのようなものは、気を奪っていきばす。
見るたびに一瞬ですがそして、「ああ、これをどうしようかな」という気持ちになり、一緒に楽しく過ごす時間や余裕を奪っていきます少しずつあなたの元本当に大切な人に優しくしたり、少しずつ身の回りの環境が良い方向に向いていきます。
本書に書いてあることを実践すれば、るととても気持ちよくて、例えばあなたの机は、座勉強や新しいことを始めたくなる場所になるでしょう。

机の上を運ぶそのため、会社の共用デスクなど、私が帰ったあとは机の上にはいつどこでも全く同じ環境が広私は移動の時に机の上のもの全てを持って移動することに決めています。
図書館、も何もなく、どこに行っても同じ環境が整います。ホテル、がるので、環境変化によるストレスがあまりかかりません。
私がいつも持ち歩いているものは以下のとおりです。
·リュック·名刺入れ·社員証PC用のメガネ、メガネケース弁当箱リュックに入るもの水筒折りたたみ傘·エコバッグボールペン、万年筆タコ足の延長ケーブルパソコン、パソコンのケースiPad、iPadケース1メートル··携帯iPhoneパソコンのACアダプター·iPadのACアダプターUSB型のメモリーカードイヤホンiPhone、携帯の充電ケーブル出先で携帯を充電できるモバイルバッテリーiPadの充電ケーブル·イヤホンやケーブルは百円ショップで売っている小さい透明なケースにいれています。それを含めてこまごまとしたものは、レイメイ藤井のKeptというペンケースに入れています。そうすることで、リュックのなかがゴチャゴチャになるのを避けています。このKeptは非常によくできていて、パソコンのACアダプターがうまく入れば、非常にコンパクトに収まりますここで重要なのは、私が上記のものをワンセットしかもっていない、ということです。

修繕委員会に示すことが大切工事や

住宅の付加価値設備という工事なども全て出してもらってくだつまり、家に予備のケーブル、傘、イヤホンはありません。さらに言えば、かばんもこのリュックひとつです。他のかばんも持っていましたが、捨てました職場に行くとリュックの中身を傘以外全部だします。必要だからです。そして家に帰るときは全部リュックにしまって、また家に帰ると机の上に全部出します。家でも同じ環境でデスクワークもちろん仕事とは限りませんができます。毎日すべてを出すことで、不要なもののチェックになります。また、出したけれど使わないものにも気づきますので、家に置いておけるものも自然に分かってきます環境変化によるストレスは、普段あまり意識することがありませんが、旅行先での生活や出張先での業務で感じることがあるかと思います。私も数年前は自宅と職場の両方に同じ環境を整えるために、パソコンのモニター、筆記用具などを自宅と職場の両方に揃えたりしていました。しかし、それでは物が増える結果、メンテナンスにお金も手間もかかりますし、出張先や他の場所では、もはや何もする気になれません。試行錯誤をして、ストレスなく同じ環境にしようと思った結果が現在のスタイルです
机の上に不要なものペン立てペン立ては不要です。ペンは万年筆1本、ボールペン1本あれば十分です。私は普段は万年筆を使います。もし、購入される場合は、試し書きをして自分にしっくりくるものを買ってください。私はペリカンのスーベレーンM400を使っています。ずっと使っていると引っかかりが少なくなってきて、書き心地が良くなります。万年筆だと書きにくい書類などがあるときは、ボールペンを使います。これらはいずれも持ち運びますので、机の上にはペン立ては不要です。私も以前は蛍光ペンや、予備のボールペン、定規などを机に立てていました。今はつかっていませんが、もし頻繁に使う機会がでてきたら、お気に入りのものを一つ買って、カバンに入れて持ち運びます。最近使ってなければ、多分捨ててしまっても大丈夫です。予備のペンは不要です。