アパート」タグアーカイブ

工事につながるおそれがある

住宅の付加価値設備という

なぜ散らかるのか世の中には色々な片付けや収納の本がありますが、実際に会社で机がきれいな人は殆どいません。自分の家の綺麗さに満足している人も少ないと思います。なぜうまく行かないのでしょうか。色々な答えがあると思いますが、根本的な問題として、元も子もないような言い方かもしれませんが、その本に書いてあることが解決になっていないというものです。
ライフスタイルは人それぞれ、想像以上に異なっています。生活を共にしている家族の間ですら、その常識の違いからケンカになります。
私の生活空間は最近5年間でかなり変わりました。
ルのもと、各論は本文の中に書いてありますが、一言でいうと、心地よいルーある状態に収束する生活になっていますとルールは違います。
「何となくこう決めている」か巨大な山になります曖昧な決まり事は、その隙間から沢山のものが漏れていって、いつしそのルールを作るのは非常に頭をつかう作業です。時には自分の常識を覆す、大きな発想の転換が必要になります。それは、知的なゲームであり、結果が目の前に見えてますから、一度うまくいくと考えるのが楽しくなります。シンプルなルールを決めることで、ピタッと上手くいくことが確認できたときは大発見をした気分になります本書に書いてあるルールを私は1つずつ試してみて、改良を加えています。今も改良中です。住む場所が変わったり自分が置かれている状況が変わると、その都度新しいルールを作って試すことを楽しんでいます本譜を読んでいただくにあたって注意していただきたいのは、本潛は解決方法を提示しているのではないということです。「こういうルールを作ってみたら、こんな結果になったよ」という実例集と思って読んでください。他人が作ったルールは役に立ちませんし、何より面白くありません。ご自身のこれまでの経験から、自分なりのルールを作って、試行錯誤してみてください。

工事なども全て出してもらってくだ間取りにするためにはどうすれば良い


住宅一九一七年一月号がある

>住宅一九一七年一月号があるまずは机の上を確認私は仕事上デスクワークが多く、家でデスクワークの続きをすることも多いです。家に自分が勉強や仕事するための机を持っておられるかたは、机の上を見てみてください。ペン立てにずっと使っていないボールペンが入っていたりしませんか、もう不要と思われる書類や、いつ詰め替えるか分からないホッチキスの針、もう何のことか分からないけど捨てられないメモ、一度も読んでいないけど捨てられない本などはありませんか?
そのようなものは、気を奪っていきばす。
見るたびに一瞬ですがそして、「ああ、これをどうしようかな」という気持ちになり、一緒に楽しく過ごす時間や余裕を奪っていきます少しずつあなたの元本当に大切な人に優しくしたり、少しずつ身の回りの環境が良い方向に向いていきます。
本書に書いてあることを実践すれば、るととても気持ちよくて、例えばあなたの机は、座勉強や新しいことを始めたくなる場所になるでしょう。

机の上を運ぶそのため、会社の共用デスクなど、私が帰ったあとは机の上にはいつどこでも全く同じ環境が広私は移動の時に机の上のもの全てを持って移動することに決めています。
図書館、も何もなく、どこに行っても同じ環境が整います。ホテル、がるので、環境変化によるストレスがあまりかかりません。
私がいつも持ち歩いているものは以下のとおりです。
·リュック·名刺入れ·社員証PC用のメガネ、メガネケース弁当箱リュックに入るもの水筒折りたたみ傘·エコバッグボールペン、万年筆タコ足の延長ケーブルパソコン、パソコンのケースiPad、iPadケース1メートル··携帯iPhoneパソコンのACアダプター·iPadのACアダプターUSB型のメモリーカードイヤホンiPhone、携帯の充電ケーブル出先で携帯を充電できるモバイルバッテリーiPadの充電ケーブル·イヤホンやケーブルは百円ショップで売っている小さい透明なケースにいれています。それを含めてこまごまとしたものは、レイメイ藤井のKeptというペンケースに入れています。そうすることで、リュックのなかがゴチャゴチャになるのを避けています。このKeptは非常によくできていて、パソコンのACアダプターがうまく入れば、非常にコンパクトに収まりますここで重要なのは、私が上記のものをワンセットしかもっていない、ということです。


住宅情報誌やインター

家づくりの本などを見ていると先ず

修繕委員会に示すことが大切工事やつまり、家に予備のケーブル、傘、イヤホンはありません。さらに言えば、かばんもこのリュックひとつです。他のかばんも持っていましたが、捨てました職場に行くとリュックの中身を傘以外全部だします。必要だからです。そして家に帰るときは全部リュックにしまって、また家に帰ると机の上に全部出します。家でも同じ環境でデスクワークもちろん仕事とは限りませんができます。毎日すべてを出すことで、不要なもののチェックになります。また、出したけれど使わないものにも気づきますので、家に置いておけるものも自然に分かってきます環境変化によるストレスは、普段あまり意識することがありませんが、旅行先での生活や出張先での業務で感じることがあるかと思います。私も数年前は自宅と職場の両方に同じ環境を整えるために、パソコンのモニター、筆記用具などを自宅と職場の両方に揃えたりしていました。しかし、それでは物が増える結果、メンテナンスにお金も手間もかかりますし、出張先や他の場所では、もはや何もする気になれません。試行錯誤をして、ストレスなく同じ環境にしようと思った結果が現在のスタイルです
机の上に不要なものペン立てペン立ては不要です。ペンは万年筆1本、ボールペン1本あれば十分です。私は普段は万年筆を使います。もし、購入される場合は、試し書きをして自分にしっくりくるものを買ってください。私はペリカンのスーベレーンM400を使っています。ずっと使っていると引っかかりが少なくなってきて、書き心地が良くなります。万年筆だと書きにくい書類などがあるときは、ボールペンを使います。これらはいずれも持ち運びますので、机の上にはペン立ては不要です。私も以前は蛍光ペンや、予備のボールペン、定規などを机に立てていました。今はつかっていませんが、もし頻繁に使う機会がでてきたら、お気に入りのものを一つ買って、カバンに入れて持ち運びます。最近使ってなければ、多分捨ててしまっても大丈夫です。予備のペンは不要です。施工できない場合もありご自身の工事において住宅情報誌やインターなぜ散らかるのか世の中には色々な片付けや収納の本がありますが、実際に会社で机がきれいな人は殆どいません。自分の家の綺麗さに満足している人も少ないと思います。なぜうまく行かないのでしょうか。色々な答えがあると思いますが、根本的な問題として、元も子もないような言い方かもしれませんが、その本に書いてあることが解決になっていないというものです。
ライフスタイルは人それぞれ、想像以上に異なっています。生活を共にしている家族の間ですら、その常識の違いからケンカになります。
私の生活空間は最近5年間でかなり変わりました。
ルのもと、各論は本文の中に書いてありますが、一言でいうと、心地よいルーある状態に収束する生活になっていますとルールは違います。
「何となくこう決めている」か巨大な山になります曖昧な決まり事は、その隙間から沢山のものが漏れていって、いつしそのルールを作るのは非常に頭をつかう作業です。時には自分の常識を覆す、大きな発想の転換が必要になります。それは、知的なゲームであり、結果が目の前に見えてますから、一度うまくいくと考えるのが楽しくなります。シンプルなルールを決めることで、ピタッと上手くいくことが確認できたときは大発見をした気分になります本書に書いてあるルールを私は1つずつ試してみて、改良を加えています。今も改良中です。住む場所が変わったり自分が置かれている状況が変わると、その都度新しいルールを作って試すことを楽しんでいます本譜を読んでいただくにあたって注意していただきたいのは、本潛は解決方法を提示しているのではないということです。「こういうルールを作ってみたら、こんな結果になったよ」という実例集と思って読んでください。他人が作ったルールは役に立ちませんし、何より面白くありません。ご自身のこれまでの経験から、自分なりのルールを作って、試行錯誤してみてください。


住宅の付加価値設備という

まずは机の上を確認私は仕事上デスクワークが多く、家でデスクワークの続きをすることも多いです。家に自分が勉強や仕事するための机を持っておられるかたは、机の上を見てみてください。ペン立てにずっと使っていないボールペンが入っていたりしませんか、もう不要と思われる書類や、いつ詰め替えるか分からないホッチキスの針、もう何のことか分からないけど捨てられないメモ、一度も読んでいないけど捨てられない本などはありませんか?
そのようなものは、気を奪っていきばす。
見るたびに一瞬ですがそして、「ああ、これをどうしようかな」という気持ちになり、一緒に楽しく過ごす時間や余裕を奪っていきます少しずつあなたの元本当に大切な人に優しくしたり、少しずつ身の回りの環境が良い方向に向いていきます。
本書に書いてあることを実践すれば、るととても気持ちよくて、例えばあなたの机は、座勉強や新しいことを始めたくなる場所になるでしょう。

机の上を運ぶそのため、会社の共用デスクなど、私が帰ったあとは机の上にはいつどこでも全く同じ環境が広私は移動の時に机の上のもの全てを持って移動することに決めています。
図書館、も何もなく、どこに行っても同じ環境が整います。ホテル、がるので、環境変化によるストレスがあまりかかりません。
私がいつも持ち歩いているものは以下のとおりです。
·リュック·名刺入れ·社員証PC用のメガネ、メガネケース弁当箱リュックに入るもの水筒折りたたみ傘·エコバッグボールペン、万年筆タコ足の延長ケーブルパソコン、パソコンのケースiPad、iPadケース1メートル··携帯iPhoneパソコンのACアダプター·iPadのACアダプターUSB型のメモリーカードイヤホンiPhone、携帯の充電ケーブル出先で携帯を充電できるモバイルバッテリーiPadの充電ケーブル·イヤホンやケーブルは百円ショップで売っている小さい透明なケースにいれています。それを含めてこまごまとしたものは、レイメイ藤井のKeptというペンケースに入れています。そうすることで、リュックのなかがゴチャゴチャになるのを避けています。このKeptは非常によくできていて、パソコンのACアダプターがうまく入れば、非常にコンパクトに収まりますここで重要なのは、私が上記のものをワンセットしかもっていない、ということです。

修繕委員会に示すことが大切工事や

住宅の付加価値設備という工事なども全て出してもらってくだつまり、家に予備のケーブル、傘、イヤホンはありません。さらに言えば、かばんもこのリュックひとつです。他のかばんも持っていましたが、捨てました職場に行くとリュックの中身を傘以外全部だします。必要だからです。そして家に帰るときは全部リュックにしまって、また家に帰ると机の上に全部出します。家でも同じ環境でデスクワークもちろん仕事とは限りませんができます。毎日すべてを出すことで、不要なもののチェックになります。また、出したけれど使わないものにも気づきますので、家に置いておけるものも自然に分かってきます環境変化によるストレスは、普段あまり意識することがありませんが、旅行先での生活や出張先での業務で感じることがあるかと思います。私も数年前は自宅と職場の両方に同じ環境を整えるために、パソコンのモニター、筆記用具などを自宅と職場の両方に揃えたりしていました。しかし、それでは物が増える結果、メンテナンスにお金も手間もかかりますし、出張先や他の場所では、もはや何もする気になれません。試行錯誤をして、ストレスなく同じ環境にしようと思った結果が現在のスタイルです
机の上に不要なものペン立てペン立ては不要です。ペンは万年筆1本、ボールペン1本あれば十分です。私は普段は万年筆を使います。もし、購入される場合は、試し書きをして自分にしっくりくるものを買ってください。私はペリカンのスーベレーンM400を使っています。ずっと使っていると引っかかりが少なくなってきて、書き心地が良くなります。万年筆だと書きにくい書類などがあるときは、ボールペンを使います。これらはいずれも持ち運びますので、机の上にはペン立ては不要です。私も以前は蛍光ペンや、予備のボールペン、定規などを机に立てていました。今はつかっていませんが、もし頻繁に使う機会がでてきたら、お気に入りのものを一つ買って、カバンに入れて持ち運びます。最近使ってなければ、多分捨ててしまっても大丈夫です。予備のペンは不要です。


工務店は相見積もりされることは慣れてい

工事のレベルが低い先に述べたよう

住宅を何棟か建てて販売する
こんなにちゃんと分けて、しょっちゅう着替えてるのに、で汚れが移ってしまっては元も子もありません。
本当は、パジャマはパジャマだけで、部屋着は部屋着だけで、外出着は外出着だけで洗いたいんですけど、そこまでこだわると洗濯の回数が増えて大変なので、パジャマと部屋着は一緒に洗ってます。
バスタオルなどはパジャマ一部屋着グループと一緒に洗えます。でもシーツや枕カバーなどは、パジャマと一緒は平気だけど部屋着と一緒に洗うのはダメです。
一緒に洗うことそれから、バスマットなどは、そもそも衣類と一緒に洗うことはできません。これはわりと普通ですか?さらに同じマット類といえども、バスマットとキッチンマットは一緒に洗ってはダメです。この辺の分類になると汚れの度合いというよりも汚れの種類の違いが気になるのです。
類を変えるなんていう、まともな理由ではありません。
バスマットに食べ物系の汚れが残るのはイヤだし、逆にキッチンマットに体から出る系の汚れが残るのもイヤなのです。
汚れの種類にあわせて洗濯用洗剤の種全部一緒に洗濯機に放り込んでも、最終的に全部の洗濯物の汚れが0になって終わるのならもしも、「洗濯機で洗濯すれば、汚れは0になる」と思えたならば、こんなに面倒な分類をしなくてもよくなるのでしょう。
ば、なんの問題もないわけですからね。
でもどうしても0になるとは思えないんですよね。だからいろいろと分けて洗わざるを得ないのです。
私には面倒くさがりという重大な欠点もあるので、またここである問題が持ち上がってしまうわけです。
それだけなら毎日頑張って洗濯すればいいだけの話なんですけど、もう大体見当はつくかもしれませんが
洗濯物をグループ分けすることの問題点前のページの分類のように細かく分けて洗濯しています。
「洗濯機で洗濯しても、汚れは0にはならない」という持論のため、1週間の洗濯スケジュールは大体決まっていて、こんな感じです。
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日私の部屋着、パジャマ子どもの外出着子どもの部屋着、パジャマ、私の外出着私の部屋着·パジャマ休み子どもの部屋着、パジャマ、汚れの少ない外出着汚れの少ない外出着土曜日は夫が自分の服を洗濯する日のため、私の洗濯はお休みです。
一度に大量の洗濯物は干せない、狭いベランダなので。
1週間毎日晴れたとしても、これだけでスケジュールぎっしりです。
でも洗わなければいけないものは、寝具類やマット類など、まだまだあります。そういうものを洗おうとすると、洗濯機を2回まわさなければならないわけです。
それに、晴れの日ばかりが続くわけではありません。

住宅を何棟か建てて販売する
家づくりをする際の対雨が降ると、基本的にはその日は休んで、翌日に洗濯機を2回まわして対応します。
ここで問題になってくるのが、私の面倒くさがりという欠点です。洗濯なんて楽しいことじゃないので、1日1回やるだけで充分です。じゃあ、どうするんだと思いますか?
面倒くさがらずに洗濯機を2回まわすか、こだわりを捨てて他のグループのものもまとめて洗うことで回数を減らすか。.....普通ならこのどちらかでしょうけど、私は普通じゃありません。
「シーツ洗おうかと思ったけど、面倒くさいし、まだいいかな」「そろそろバスマット洗うべきだけど、面倒くさいし、もうちょっといけるかな」「パジャマ洗いたかったけど雨降っちゃったし、上だけは洗って部屋干しするとして、ズボンはあと3日履いちゃおうかな」と、こんな感じで洗わない方向に持っていくのです。
だからサボりやすいんです。
そんなわけで、うちの寝具類やマット類は結構汚れてると思います。洋服は洗濯をサボると着るものがなくなって困るけれど、マットやシーツの洗濯をサボってもすぐには困りません。
バスマットは現時点で、どれくらい洗ってないかな……たぶん2ヶ月は超えてるんじゃないかと思います。うわー、改めて文字にすると自分でもドン引きです。
潔癖症っぽいといいつつ、そんな状態って、ホント何なんでしょうね。自分でも呆れます。
自分でも呆れるぐらいなんだから、みなさんはもっと呆れてるでしょうね。でもどうか、見捨てずに、続きも読んでくださいね?

靴下との戦い少し前のページでさらっと書きましたが、夫の服を私が洗うことはありません。
この事実は、私の周りの人に、ものすごく不評です。「えー、旦那さん、かわいそうー」とか「洗濯ぐらいやってあげなよー」でも、私としては、夫の服を私が洗わなくてもいい正当な理由があると思ってます。私は悪くないんです。
本当に私は悪くないのか、みなさんが判断できるように、経緯を説明してみましょうか。
とか、それはもううんざりするほど言われます。
結婚当初は、私の洗濯物も夫の洗濯物も一緒に洗っていました。
やめたほうがいいらしいので今はカゴに入れるようにしていますが、その当時は脱いだ服や使ったタオルなどを洗濯槽の中に直接入れていき、ある程度溜まったら、洗濯機をまわしていました。
この方法の問題点は、洗濯機をまわす前に、洗濯物のチェックをしないということです。洗濯槽に入っているものは有無を言わさずまとめて洗われます。

工事状況を説明する

せっかく洗濯槽に入っている洗濯物をわざわざ取り出してチェックするのなんて、短気で面倒くさがりの私にとっては無駄なことでしかありませんから。
さて、洗濯機が終了したら、干さなければいけませんね。
自分が入れた洗濯物は洗濯槽に入れるときにちゃんとチェックしてるので、なんの問題もありません。でも、夫の入れた物については、そのときになって初めて対面することになるわけです。
するとですね、夫の入れた洗濯物は、私にしてみれば考えられないような状態で洗濯機の中から出てくるのです。
ポケットにハンカチが入ったままなんて、日常茶飯事です。なんでそんなに付くのかわからないけれど、タオルにはすね毛らしき縮れた毛や髪の毛が毎回少なくとも10本以上からみ付いています。
そして、これカ一番の問題なんですが、必ず、靴下は丸まった状態です。完全に裏返っている状態ならまだいいと思うんですが、丸まってたら、内側になってしまっている部分の汚れなんて落ちないじゃないですか。
ちゃんとした状態の洗濯物を洗ったって100付いていた汚れが、5に減るだけだと思っている私にとって、丸まった靴下の内側部分なんて、汚れが50ぐらいにしか減ってないですよ。しかも、その靴下単独で洗っているならまだしも、実際は私の服なども一緒に洗われてるわけですから、私の服にだって正常に洗ったときより汚れが残っているはずです。それにとある事情で、夫の靴下は普通の人のより汚れてるんです。
そういうことを踏まえると、この丸まった靴下問題を放置しておくのは耐えられませんでした。そこで、まずは、「靴下を丸めたまま洗濯槽に入れるのはやめて」とお願いしました。でも一向に改善されません。
仕方がないので、洗濯前に私がチェックして、丸まっていた場合は直してから洗濯するようにしました。洗濯槽に入っている洗濯物から夫のものだけを選り分けてチェックするのは効率が悪いので、カゴを用意して夫にはそこに洗濯物を入れてもらうようにしたのです。
相変わらず丸まっている靴下を正常な状態に直す普通ならこれで一件落着となるんでしょうが、ご存知のとおり私は潔癖症っぽいわけです。カゴに入っている夫の汚れた服を1枚1枚チェックしてから洗濯槽に移し、作業は苦痛でしかありません。どんどん、夫の洗濯物に対しての嫌悪感が強まっていきます。

マンション大規模修繕家震災への備えやこんなにちゃんと分けて、しょっちゅう着替えてるのに、で汚れが移ってしまっては元も子もありません。
本当は、パジャマはパジャマだけで、部屋着は部屋着だけで、外出着は外出着だけで洗いたいんですけど、そこまでこだわると洗濯の回数が増えて大変なので、パジャマと部屋着は一緒に洗ってます。
バスタオルなどはパジャマ一部屋着グループと一緒に洗えます。でもシーツや枕カバーなどは、パジャマと一緒は平気だけど部屋着と一緒に洗うのはダメです。
一緒に洗うことそれから、バスマットなどは、そもそも衣類と一緒に洗うことはできません。これはわりと普通ですか?さらに同じマット類といえども、バスマットとキッチンマットは一緒に洗ってはダメです。この辺の分類になると汚れの度合いというよりも汚れの種類の違いが気になるのです。
類を変えるなんていう、まともな理由ではありません。
バスマットに食べ物系の汚れが残るのはイヤだし、逆にキッチンマットに体から出る系の汚れが残るのもイヤなのです。
汚れの種類にあわせて洗濯用洗剤の種全部一緒に洗濯機に放り込んでも、最終的に全部の洗濯物の汚れが0になって終わるのならもしも、「洗濯機で洗濯すれば、汚れは0になる」と思えたならば、こんなに面倒な分類をしなくてもよくなるのでしょう。
ば、なんの問題もないわけですからね。
でもどうしても0になるとは思えないんですよね。だからいろいろと分けて洗わざるを得ないのです。
私には面倒くさがりという重大な欠点もあるので、またここである問題が持ち上がってしまうわけです。
それだけなら毎日頑張って洗濯すればいいだけの話なんですけど、もう大体見当はつくかもしれませんが
洗濯物をグループ分けすることの問題点前のページの分類のように細かく分けて洗濯しています。
「洗濯機で洗濯しても、汚れは0にはならない」という持論のため、1週間の洗濯スケジュールは大体決まっていて、こんな感じです。
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日私の部屋着、パジャマ子どもの外出着子どもの部屋着、パジャマ、私の外出着私の部屋着·パジャマ休み子どもの部屋着、パジャマ、汚れの少ない外出着汚れの少ない外出着土曜日は夫が自分の服を洗濯する日のため、私の洗濯はお休みです。
一度に大量の洗濯物は干せない、狭いベランダなので。
1週間毎日晴れたとしても、これだけでスケジュールぎっしりです。
でも洗わなければいけないものは、寝具類やマット類など、まだまだあります。そういうものを洗おうとすると、洗濯機を2回まわさなければならないわけです。
それに、晴れの日ばかりが続くわけではありません。

工事のレベルが低い先に述べたよう

工務店は相見積もりさ雨が降ると、基本的にはその日は休んで、翌日に洗濯機を2回まわして対応します。
ここで問題になってくるのが、私の面倒くさがりという欠点です。洗濯なんて楽しいことじゃないので、1日1回やるだけで充分です。じゃあ、どうするんだと思いますか?
面倒くさがらずに洗濯機を2回まわすか、こだわりを捨てて他のグループのものもまとめて洗うことで回数を減らすか。.....普通ならこのどちらかでしょうけど、私は普通じゃありません。
「シーツ洗おうかと思ったけど、面倒くさいし、まだいいかな」「そろそろバスマット洗うべきだけど、面倒くさいし、もうちょっといけるかな」「パジャマ洗いたかったけど雨降っちゃったし、上だけは洗って部屋干しするとして、ズボンはあと3日履いちゃおうかな」と、こんな感じで洗わない方向に持っていくのです。
だからサボりやすいんです。
そんなわけで、うちの寝具類やマット類は結構汚れてると思います。洋服は洗濯をサボると着るものがなくなって困るけれど、マットやシーツの洗濯をサボってもすぐには困りません。
バスマットは現時点で、どれくらい洗ってないかな……たぶん2ヶ月は超えてるんじゃないかと思います。うわー、改めて文字にすると自分でもドン引きです。
潔癖症っぽいといいつつ、そんな状態って、ホント何なんでしょうね。自分でも呆れます。
自分でも呆れるぐらいなんだから、みなさんはもっと呆れてるでしょうね。でもどうか、見捨てずに、続きも読んでくださいね?

靴下との戦い少し前のページでさらっと書きましたが、夫の服を私が洗うことはありません。
この事実は、私の周りの人に、ものすごく不評です。「えー、旦那さん、かわいそうー」とか「洗濯ぐらいやってあげなよー」でも、私としては、夫の服を私が洗わなくてもいい正当な理由があると思ってます。私は悪くないんです。
本当に私は悪くないのか、みなさんが判断できるように、経緯を説明してみましょうか。
とか、それはもううんざりするほど言われます。
結婚当初は、私の洗濯物も夫の洗濯物も一緒に洗っていました。
やめたほうがいいらしいので今はカゴに入れるようにしていますが、その当時は脱いだ服や使ったタオルなどを洗濯槽の中に直接入れていき、ある程度溜まったら、洗濯機をまわしていました。
この方法の問題点は、洗濯機をまわす前に、洗濯物のチェックをしないということです。洗濯槽に入っているものは有無を言わさずまとめて洗われます。

工事状況を説明する

せっかく洗濯槽に入っている洗濯物をわざわざ取り出してチェックするのなんて、短気で面倒くさがりの私にとっては無駄なことでしかありませんから。
さて、洗濯機が終了したら、干さなければいけませんね。
自分が入れた洗濯物は洗濯槽に入れるときにちゃんとチェックしてるので、なんの問題もありません。でも、夫の入れた物については、そのときになって初めて対面することになるわけです。
するとですね、夫の入れた洗濯物は、私にしてみれば考えられないような状態で洗濯機の中から出てくるのです。
ポケットにハンカチが入ったままなんて、日常茶飯事です。なんでそんなに付くのかわからないけれど、タオルにはすね毛らしき縮れた毛や髪の毛が毎回少なくとも10本以上からみ付いています。
そして、これカ一番の問題なんですが、必ず、靴下は丸まった状態です。完全に裏返っている状態ならまだいいと思うんですが、丸まってたら、内側になってしまっている部分の汚れなんて落ちないじゃないですか。
ちゃんとした状態の洗濯物を洗ったって100付いていた汚れが、5に減るだけだと思っている私にとって、丸まった靴下の内側部分なんて、汚れが50ぐらいにしか減ってないですよ。しかも、その靴下単独で洗っているならまだしも、実際は私の服なども一緒に洗われてるわけですから、私の服にだって正常に洗ったときより汚れが残っているはずです。それにとある事情で、夫の靴下は普通の人のより汚れてるんです。
そういうことを踏まえると、この丸まった靴下問題を放置しておくのは耐えられませんでした。そこで、まずは、「靴下を丸めたまま洗濯槽に入れるのはやめて」とお願いしました。でも一向に改善されません。
仕方がないので、洗濯前に私がチェックして、丸まっていた場合は直してから洗濯するようにしました。洗濯槽に入っている洗濯物から夫のものだけを選り分けてチェックするのは効率が悪いので、カゴを用意して夫にはそこに洗濯物を入れてもらうようにしたのです。
相変わらず丸まっている靴下を正常な状態に直す普通ならこれで一件落着となるんでしょうが、ご存知のとおり私は潔癖症っぽいわけです。カゴに入っている夫の汚れた服を1枚1枚チェックしてから洗濯槽に移し、作業は苦痛でしかありません。どんどん、夫の洗濯物に対しての嫌悪感が強まっていきます。

      マンション大規模修繕
      賃貸でもハイクオリティで快適
      洗濯物は外に干さない持ち家幻想や