」タグアーカイブ

住宅はなんといっても土地付きである

家というコンセプト

家庭が集まっている地区
タオルは捨てるつもりのものを持っていく。
椅子、桶洗面器は使わない。
サウナは空いてるときに立って入る。
最後に髪や体をもう一度洗う。
脱衣所に戻る前に、出入口のすぐ脇にあるシャワーブースでもう一度全身を流す。
当然だけど、レンタルのタオルや館内着は使わない。
館内は裸足または靴下で歩かなければならないので、裸足で歩き、靴を履く直前に靴下を履く。
家に帰ってきたら、何はともあれまず足を洗う。ついでに履いて帰ってきた靴下も洗う。
家に帰ってきたら、いつものように部屋着に着替えるけれど、その部屋着は有無を言わさず洗濯へ。
夜、シャワーを浴びるとき、いつもよりしっかりと洗う。
8
では、ひとつひとつ見ていきましょう。
タオルは捨てるつもりのものを持っていく。
本当ならタオルはロッカーに入れておき、浴室内には持ち込みたくないんです。
でも、浴室から脱衣所に戻る前に体を拭かないと、床を水浸しにしてしまってマナー違反だと思うので、そのかわりそこで使ったタオルはビニール袋に入れて持ち帰り、そのままゴミになります。
仕方なく持って行きます。
椅子、桶洗面器は使わない。
洗ってから使えばとも思いますが、洗うということは汚い状態の椅子や桶に触るということですから、ちょっとイヤです。だからもう潔く、使いません!
椅子に座らなくても、しゃがんだ体勢で洗えるし、つらくなったら片足だけ膝をつくとかすればなんとかなります。タオルを洗うのは、桶を使わなくても蛇口から流れるお湯でやれば大丈夫です。
サウナは空いてるときに立って入る。

家庭が集まっている地区
工務店は相見積もりさ私が行っているスーパー銭湯には、露天風呂の横にサウナがあります。一度に20人以上が利用できるぐらいの広さです。
中に入ると、ベンチに厚手のバスタオルが敷いてあって、そのタオルの上に直に座ってる人もいれば、その上にさらに自分のタオルを敷いてから座ってる人もいます。マナーとしてどちらが正解なのかは私にはわからないんですが、私としてはどっちの方法もやりたくないんです。
あらかじめ敷いてもらってる厚手のタオルの上に直接座るのは、誰かが素肌のままで座っていた部分に座ることになるので躊躇してしまいます。汗なども染み込んでそうですし。かといって自分のタオルを敷くのもなんかイヤです。自分のタオルに、他の人の汗などが染み込んでいきそうで。
じゃあどうするのかというと、座らないのです。端のほうに邪魔にならないような絶好のポイントがあるので、そこに立ってます。
ここで重要なのが、明らかに空席があるというときにしかこの方法は使ってはいけないということです。「混んでいて座る場所がないから仕方なく立ってる」のではなく、「立っていたいから立ってる」ということが周りの人にちゃんと伝わらないと、席をゆずってくれちゃう人がいるかもしれないので。とはいっても、サウナよりも湯船に浸かるほうが好きなので、あまり利用しませんが。
4最後に髪や体をもう一度洗う。
もちろん湯船に浸かる前に全身を軽く洗います。私が行くスーパー銭湯では、浴室に入ってすぐのところに掛け湯として大きな壷のようなものにお湯が溜めてあって、手桶が用意されていますが、それは使えません。その手桶を持つことに抵抗があります。なので普通に体を洗うところに行って、体を洗ってから、湯船に浸かりに行きます。その後も、いろんな湯船に入りつつ、途中汗をかいたりしたら髪や体も何回でも洗います本当なら温泉の成分を洗い流さずに体に残したままにしたほうがいいらしいですが、それはさすがに私には無理なので、最後にもう一度しっかり髪や体を洗って終了です。
5脱衣所に戻る前に、出入口のすぐ脇にあるシャワーブースでもう一度全身を流す。
最後に全身を洗ったものの、出入口にたどり着くまでに、他のお客さんのシャンプーの泡やお湯が掛かったりします。
を流してから、タオルで拭いて脱衣所に戻ります。
私が行ってるスーパー銭湯の何が番気に入ってるかって、このシャワーブースです。

建築はあまりいい石を

ないところもありますからね。
それをそのままにはしておけません。
なので、出入口の横にあるシャワーブースで、もう一度全身当然だけど、レンタルのタオルや館内着は使わない。

私が行ってるところでは有料なのでもちろん使いません。
もし無料だったとしても絶対使わないです。
7館内は裸足または靴下で歩かなければならないので、裸足で歩き、靴を履く直前に靴下を履く。
足が汚れてしまうのは仕方がなぃとして、靴の内側や靴下の外側靴に触れる部分まで汚すのはイヤなのです。だから、スーパー銭湯に到着して玄関で靴を脱ぐときに、靴下も一緒に脱ぎます。そして、で靴を履くときに靴下を履きます。こうすれば汚れるのは靴下の内側足に直接触れている部分だけで済みます。
もし、靴下を履いた状態で館内を歩いてしまうと、靴下の外側が汚れてしまいます。その靴下のまま靴を履いたら、靴も汚れることになるのです。それは絶対避けないといけません。靴下は洗えるけれど、は洗えませんから。
帰りに玄関靴は簡単に8家に帰ってきたら、何はともあれまず足を洗う。ついでに履いて帰ってきた靴下も洗う。
帰宅したら、一番汚れている足を洗わなければいけません。このときに玄関から浴室まで裸足で歩いたりしてはダメです。だって汚い足を、かろうじて靴下でカバーしてる状態ですから。靴下のまま浴室まで一直線です足を洗うついでに、靴下も洗います。靴下の内側が汚れてますからね。そのまま洗濯機に放り込むわけにはいかないので、まずはゴシゴシと手洗いです。
この靴下を洗う行為が面倒くさいし、できれば汚れた靴下には触りたくないんです。だから普段、靴下に穴が開いてしまったりしたら、すぐ捨てずにとっておきます。そして、スーパー銭湯に行くときに履くんです。
穴の空いた靴下で館内を歩きまわらなければいけないなら恥ずかしいけれど、そうではないですからね。私のルールに従えば、靴下は靴に隠れている状態ですから、全然恥ずかしくありません。そして、帰ってきたらそのまま捨ててしまえばいいんですよ。賢いでしょう?

家の耐久性が大変な事になってしまい工務店は相見積もりさタオルは捨てるつもりのものを持っていく。
椅子、桶洗面器は使わない。
サウナは空いてるときに立って入る。
最後に髪や体をもう一度洗う。
脱衣所に戻る前に、出入口のすぐ脇にあるシャワーブースでもう一度全身を流す。
当然だけど、レンタルのタオルや館内着は使わない。
館内は裸足または靴下で歩かなければならないので、裸足で歩き、靴を履く直前に靴下を履く。
家に帰ってきたら、何はともあれまず足を洗う。ついでに履いて帰ってきた靴下も洗う。
家に帰ってきたら、いつものように部屋着に着替えるけれど、その部屋着は有無を言わさず洗濯へ。
夜、シャワーを浴びるとき、いつもよりしっかりと洗う。
8
では、ひとつひとつ見ていきましょう。
タオルは捨てるつもりのものを持っていく。
本当ならタオルはロッカーに入れておき、浴室内には持ち込みたくないんです。
でも、浴室から脱衣所に戻る前に体を拭かないと、床を水浸しにしてしまってマナー違反だと思うので、そのかわりそこで使ったタオルはビニール袋に入れて持ち帰り、そのままゴミになります。
仕方なく持って行きます。
椅子、桶洗面器は使わない。
洗ってから使えばとも思いますが、洗うということは汚い状態の椅子や桶に触るということですから、ちょっとイヤです。だからもう潔く、使いません!
椅子に座らなくても、しゃがんだ体勢で洗えるし、つらくなったら片足だけ膝をつくとかすればなんとかなります。タオルを洗うのは、桶を使わなくても蛇口から流れるお湯でやれば大丈夫です。
サウナは空いてるときに立って入る。

家というコンセプト

家づくりをする際の対私が行っているスーパー銭湯には、露天風呂の横にサウナがあります。一度に20人以上が利用できるぐらいの広さです。
中に入ると、ベンチに厚手のバスタオルが敷いてあって、そのタオルの上に直に座ってる人もいれば、その上にさらに自分のタオルを敷いてから座ってる人もいます。マナーとしてどちらが正解なのかは私にはわからないんですが、私としてはどっちの方法もやりたくないんです。
あらかじめ敷いてもらってる厚手のタオルの上に直接座るのは、誰かが素肌のままで座っていた部分に座ることになるので躊躇してしまいます。汗なども染み込んでそうですし。かといって自分のタオルを敷くのもなんかイヤです。自分のタオルに、他の人の汗などが染み込んでいきそうで。
じゃあどうするのかというと、座らないのです。端のほうに邪魔にならないような絶好のポイントがあるので、そこに立ってます。
ここで重要なのが、明らかに空席があるというときにしかこの方法は使ってはいけないということです。「混んでいて座る場所がないから仕方なく立ってる」のではなく、「立っていたいから立ってる」ということが周りの人にちゃんと伝わらないと、席をゆずってくれちゃう人がいるかもしれないので。とはいっても、サウナよりも湯船に浸かるほうが好きなので、あまり利用しませんが。
4最後に髪や体をもう一度洗う。
もちろん湯船に浸かる前に全身を軽く洗います。私が行くスーパー銭湯では、浴室に入ってすぐのところに掛け湯として大きな壷のようなものにお湯が溜めてあって、手桶が用意されていますが、それは使えません。その手桶を持つことに抵抗があります。なので普通に体を洗うところに行って、体を洗ってから、湯船に浸かりに行きます。その後も、いろんな湯船に入りつつ、途中汗をかいたりしたら髪や体も何回でも洗います本当なら温泉の成分を洗い流さずに体に残したままにしたほうがいいらしいですが、それはさすがに私には無理なので、最後にもう一度しっかり髪や体を洗って終了です。
5脱衣所に戻る前に、出入口のすぐ脇にあるシャワーブースでもう一度全身を流す。
最後に全身を洗ったものの、出入口にたどり着くまでに、他のお客さんのシャンプーの泡やお湯が掛かったりします。
を流してから、タオルで拭いて脱衣所に戻ります。
私が行ってるスーパー銭湯の何が番気に入ってるかって、このシャワーブースです。

建築はあまりいい石を

ないところもありますからね。
それをそのままにはしておけません。
なので、出入口の横にあるシャワーブースで、もう一度全身当然だけど、レンタルのタオルや館内着は使わない。

私が行ってるところでは有料なのでもちろん使いません。
もし無料だったとしても絶対使わないです。
7館内は裸足または靴下で歩かなければならないので、裸足で歩き、靴を履く直前に靴下を履く。
足が汚れてしまうのは仕方がなぃとして、靴の内側や靴下の外側靴に触れる部分まで汚すのはイヤなのです。だから、スーパー銭湯に到着して玄関で靴を脱ぐときに、靴下も一緒に脱ぎます。そして、で靴を履くときに靴下を履きます。こうすれば汚れるのは靴下の内側足に直接触れている部分だけで済みます。
もし、靴下を履いた状態で館内を歩いてしまうと、靴下の外側が汚れてしまいます。その靴下のまま靴を履いたら、靴も汚れることになるのです。それは絶対避けないといけません。靴下は洗えるけれど、は洗えませんから。
帰りに玄関靴は簡単に8家に帰ってきたら、何はともあれまず足を洗う。ついでに履いて帰ってきた靴下も洗う。
帰宅したら、一番汚れている足を洗わなければいけません。このときに玄関から浴室まで裸足で歩いたりしてはダメです。だって汚い足を、かろうじて靴下でカバーしてる状態ですから。靴下のまま浴室まで一直線です足を洗うついでに、靴下も洗います。靴下の内側が汚れてますからね。そのまま洗濯機に放り込むわけにはいかないので、まずはゴシゴシと手洗いです。
この靴下を洗う行為が面倒くさいし、できれば汚れた靴下には触りたくないんです。だから普段、靴下に穴が開いてしまったりしたら、すぐ捨てずにとっておきます。そして、スーパー銭湯に行くときに履くんです。
穴の空いた靴下で館内を歩きまわらなければいけないなら恥ずかしいけれど、そうではないですからね。私のルールに従えば、靴下は靴に隠れている状態ですから、全然恥ずかしくありません。そして、帰ってきたらそのまま捨ててしまえばいいんですよ。賢いでしょう?

      家の耐久性が大変な事になってしまい
      建築会社を決めているわけではない
      家づくりに対しての頭の柔軟さも得