工事のレベルが低い先に述べたよう」タグアーカイブ

工務店は相見積もりされることは慣れてい

工事のレベルが低い先に述べたよう

住宅を何棟か建てて販売する
こんなにちゃんと分けて、しょっちゅう着替えてるのに、で汚れが移ってしまっては元も子もありません。
本当は、パジャマはパジャマだけで、部屋着は部屋着だけで、外出着は外出着だけで洗いたいんですけど、そこまでこだわると洗濯の回数が増えて大変なので、パジャマと部屋着は一緒に洗ってます。
バスタオルなどはパジャマ一部屋着グループと一緒に洗えます。でもシーツや枕カバーなどは、パジャマと一緒は平気だけど部屋着と一緒に洗うのはダメです。
一緒に洗うことそれから、バスマットなどは、そもそも衣類と一緒に洗うことはできません。これはわりと普通ですか?さらに同じマット類といえども、バスマットとキッチンマットは一緒に洗ってはダメです。この辺の分類になると汚れの度合いというよりも汚れの種類の違いが気になるのです。
類を変えるなんていう、まともな理由ではありません。
バスマットに食べ物系の汚れが残るのはイヤだし、逆にキッチンマットに体から出る系の汚れが残るのもイヤなのです。
汚れの種類にあわせて洗濯用洗剤の種全部一緒に洗濯機に放り込んでも、最終的に全部の洗濯物の汚れが0になって終わるのならもしも、「洗濯機で洗濯すれば、汚れは0になる」と思えたならば、こんなに面倒な分類をしなくてもよくなるのでしょう。
ば、なんの問題もないわけですからね。
でもどうしても0になるとは思えないんですよね。だからいろいろと分けて洗わざるを得ないのです。
私には面倒くさがりという重大な欠点もあるので、またここである問題が持ち上がってしまうわけです。
それだけなら毎日頑張って洗濯すればいいだけの話なんですけど、もう大体見当はつくかもしれませんが
洗濯物をグループ分けすることの問題点前のページの分類のように細かく分けて洗濯しています。
「洗濯機で洗濯しても、汚れは0にはならない」という持論のため、1週間の洗濯スケジュールは大体決まっていて、こんな感じです。
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日私の部屋着、パジャマ子どもの外出着子どもの部屋着、パジャマ、私の外出着私の部屋着·パジャマ休み子どもの部屋着、パジャマ、汚れの少ない外出着汚れの少ない外出着土曜日は夫が自分の服を洗濯する日のため、私の洗濯はお休みです。
一度に大量の洗濯物は干せない、狭いベランダなので。
1週間毎日晴れたとしても、これだけでスケジュールぎっしりです。
でも洗わなければいけないものは、寝具類やマット類など、まだまだあります。そういうものを洗おうとすると、洗濯機を2回まわさなければならないわけです。
それに、晴れの日ばかりが続くわけではありません。

住宅を何棟か建てて販売する
家づくりをする際の対雨が降ると、基本的にはその日は休んで、翌日に洗濯機を2回まわして対応します。
ここで問題になってくるのが、私の面倒くさがりという欠点です。洗濯なんて楽しいことじゃないので、1日1回やるだけで充分です。じゃあ、どうするんだと思いますか?
面倒くさがらずに洗濯機を2回まわすか、こだわりを捨てて他のグループのものもまとめて洗うことで回数を減らすか。.....普通ならこのどちらかでしょうけど、私は普通じゃありません。
「シーツ洗おうかと思ったけど、面倒くさいし、まだいいかな」「そろそろバスマット洗うべきだけど、面倒くさいし、もうちょっといけるかな」「パジャマ洗いたかったけど雨降っちゃったし、上だけは洗って部屋干しするとして、ズボンはあと3日履いちゃおうかな」と、こんな感じで洗わない方向に持っていくのです。
だからサボりやすいんです。
そんなわけで、うちの寝具類やマット類は結構汚れてると思います。洋服は洗濯をサボると着るものがなくなって困るけれど、マットやシーツの洗濯をサボってもすぐには困りません。
バスマットは現時点で、どれくらい洗ってないかな……たぶん2ヶ月は超えてるんじゃないかと思います。うわー、改めて文字にすると自分でもドン引きです。
潔癖症っぽいといいつつ、そんな状態って、ホント何なんでしょうね。自分でも呆れます。
自分でも呆れるぐらいなんだから、みなさんはもっと呆れてるでしょうね。でもどうか、見捨てずに、続きも読んでくださいね?

靴下との戦い少し前のページでさらっと書きましたが、夫の服を私が洗うことはありません。
この事実は、私の周りの人に、ものすごく不評です。「えー、旦那さん、かわいそうー」とか「洗濯ぐらいやってあげなよー」でも、私としては、夫の服を私が洗わなくてもいい正当な理由があると思ってます。私は悪くないんです。
本当に私は悪くないのか、みなさんが判断できるように、経緯を説明してみましょうか。
とか、それはもううんざりするほど言われます。
結婚当初は、私の洗濯物も夫の洗濯物も一緒に洗っていました。
やめたほうがいいらしいので今はカゴに入れるようにしていますが、その当時は脱いだ服や使ったタオルなどを洗濯槽の中に直接入れていき、ある程度溜まったら、洗濯機をまわしていました。
この方法の問題点は、洗濯機をまわす前に、洗濯物のチェックをしないということです。洗濯槽に入っているものは有無を言わさずまとめて洗われます。

工事状況を説明する

せっかく洗濯槽に入っている洗濯物をわざわざ取り出してチェックするのなんて、短気で面倒くさがりの私にとっては無駄なことでしかありませんから。
さて、洗濯機が終了したら、干さなければいけませんね。
自分が入れた洗濯物は洗濯槽に入れるときにちゃんとチェックしてるので、なんの問題もありません。でも、夫の入れた物については、そのときになって初めて対面することになるわけです。
するとですね、夫の入れた洗濯物は、私にしてみれば考えられないような状態で洗濯機の中から出てくるのです。
ポケットにハンカチが入ったままなんて、日常茶飯事です。なんでそんなに付くのかわからないけれど、タオルにはすね毛らしき縮れた毛や髪の毛が毎回少なくとも10本以上からみ付いています。
そして、これカ一番の問題なんですが、必ず、靴下は丸まった状態です。完全に裏返っている状態ならまだいいと思うんですが、丸まってたら、内側になってしまっている部分の汚れなんて落ちないじゃないですか。
ちゃんとした状態の洗濯物を洗ったって100付いていた汚れが、5に減るだけだと思っている私にとって、丸まった靴下の内側部分なんて、汚れが50ぐらいにしか減ってないですよ。しかも、その靴下単独で洗っているならまだしも、実際は私の服なども一緒に洗われてるわけですから、私の服にだって正常に洗ったときより汚れが残っているはずです。それにとある事情で、夫の靴下は普通の人のより汚れてるんです。
そういうことを踏まえると、この丸まった靴下問題を放置しておくのは耐えられませんでした。そこで、まずは、「靴下を丸めたまま洗濯槽に入れるのはやめて」とお願いしました。でも一向に改善されません。
仕方がないので、洗濯前に私がチェックして、丸まっていた場合は直してから洗濯するようにしました。洗濯槽に入っている洗濯物から夫のものだけを選り分けてチェックするのは効率が悪いので、カゴを用意して夫にはそこに洗濯物を入れてもらうようにしたのです。
相変わらず丸まっている靴下を正常な状態に直す普通ならこれで一件落着となるんでしょうが、ご存知のとおり私は潔癖症っぽいわけです。カゴに入っている夫の汚れた服を1枚1枚チェックしてから洗濯槽に移し、作業は苦痛でしかありません。どんどん、夫の洗濯物に対しての嫌悪感が強まっていきます。

マンション大規模修繕家震災への備えやこんなにちゃんと分けて、しょっちゅう着替えてるのに、で汚れが移ってしまっては元も子もありません。
本当は、パジャマはパジャマだけで、部屋着は部屋着だけで、外出着は外出着だけで洗いたいんですけど、そこまでこだわると洗濯の回数が増えて大変なので、パジャマと部屋着は一緒に洗ってます。
バスタオルなどはパジャマ一部屋着グループと一緒に洗えます。でもシーツや枕カバーなどは、パジャマと一緒は平気だけど部屋着と一緒に洗うのはダメです。
一緒に洗うことそれから、バスマットなどは、そもそも衣類と一緒に洗うことはできません。これはわりと普通ですか?さらに同じマット類といえども、バスマットとキッチンマットは一緒に洗ってはダメです。この辺の分類になると汚れの度合いというよりも汚れの種類の違いが気になるのです。
類を変えるなんていう、まともな理由ではありません。
バスマットに食べ物系の汚れが残るのはイヤだし、逆にキッチンマットに体から出る系の汚れが残るのもイヤなのです。
汚れの種類にあわせて洗濯用洗剤の種全部一緒に洗濯機に放り込んでも、最終的に全部の洗濯物の汚れが0になって終わるのならもしも、「洗濯機で洗濯すれば、汚れは0になる」と思えたならば、こんなに面倒な分類をしなくてもよくなるのでしょう。
ば、なんの問題もないわけですからね。
でもどうしても0になるとは思えないんですよね。だからいろいろと分けて洗わざるを得ないのです。
私には面倒くさがりという重大な欠点もあるので、またここである問題が持ち上がってしまうわけです。
それだけなら毎日頑張って洗濯すればいいだけの話なんですけど、もう大体見当はつくかもしれませんが
洗濯物をグループ分けすることの問題点前のページの分類のように細かく分けて洗濯しています。
「洗濯機で洗濯しても、汚れは0にはならない」という持論のため、1週間の洗濯スケジュールは大体決まっていて、こんな感じです。
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日私の部屋着、パジャマ子どもの外出着子どもの部屋着、パジャマ、私の外出着私の部屋着·パジャマ休み子どもの部屋着、パジャマ、汚れの少ない外出着汚れの少ない外出着土曜日は夫が自分の服を洗濯する日のため、私の洗濯はお休みです。
一度に大量の洗濯物は干せない、狭いベランダなので。
1週間毎日晴れたとしても、これだけでスケジュールぎっしりです。
でも洗わなければいけないものは、寝具類やマット類など、まだまだあります。そういうものを洗おうとすると、洗濯機を2回まわさなければならないわけです。
それに、晴れの日ばかりが続くわけではありません。

工事のレベルが低い先に述べたよう

工務店は相見積もりさ雨が降ると、基本的にはその日は休んで、翌日に洗濯機を2回まわして対応します。
ここで問題になってくるのが、私の面倒くさがりという欠点です。洗濯なんて楽しいことじゃないので、1日1回やるだけで充分です。じゃあ、どうするんだと思いますか?
面倒くさがらずに洗濯機を2回まわすか、こだわりを捨てて他のグループのものもまとめて洗うことで回数を減らすか。.....普通ならこのどちらかでしょうけど、私は普通じゃありません。
「シーツ洗おうかと思ったけど、面倒くさいし、まだいいかな」「そろそろバスマット洗うべきだけど、面倒くさいし、もうちょっといけるかな」「パジャマ洗いたかったけど雨降っちゃったし、上だけは洗って部屋干しするとして、ズボンはあと3日履いちゃおうかな」と、こんな感じで洗わない方向に持っていくのです。
だからサボりやすいんです。
そんなわけで、うちの寝具類やマット類は結構汚れてると思います。洋服は洗濯をサボると着るものがなくなって困るけれど、マットやシーツの洗濯をサボってもすぐには困りません。
バスマットは現時点で、どれくらい洗ってないかな……たぶん2ヶ月は超えてるんじゃないかと思います。うわー、改めて文字にすると自分でもドン引きです。
潔癖症っぽいといいつつ、そんな状態って、ホント何なんでしょうね。自分でも呆れます。
自分でも呆れるぐらいなんだから、みなさんはもっと呆れてるでしょうね。でもどうか、見捨てずに、続きも読んでくださいね?

靴下との戦い少し前のページでさらっと書きましたが、夫の服を私が洗うことはありません。
この事実は、私の周りの人に、ものすごく不評です。「えー、旦那さん、かわいそうー」とか「洗濯ぐらいやってあげなよー」でも、私としては、夫の服を私が洗わなくてもいい正当な理由があると思ってます。私は悪くないんです。
本当に私は悪くないのか、みなさんが判断できるように、経緯を説明してみましょうか。
とか、それはもううんざりするほど言われます。
結婚当初は、私の洗濯物も夫の洗濯物も一緒に洗っていました。
やめたほうがいいらしいので今はカゴに入れるようにしていますが、その当時は脱いだ服や使ったタオルなどを洗濯槽の中に直接入れていき、ある程度溜まったら、洗濯機をまわしていました。
この方法の問題点は、洗濯機をまわす前に、洗濯物のチェックをしないということです。洗濯槽に入っているものは有無を言わさずまとめて洗われます。

工事状況を説明する

せっかく洗濯槽に入っている洗濯物をわざわざ取り出してチェックするのなんて、短気で面倒くさがりの私にとっては無駄なことでしかありませんから。
さて、洗濯機が終了したら、干さなければいけませんね。
自分が入れた洗濯物は洗濯槽に入れるときにちゃんとチェックしてるので、なんの問題もありません。でも、夫の入れた物については、そのときになって初めて対面することになるわけです。
するとですね、夫の入れた洗濯物は、私にしてみれば考えられないような状態で洗濯機の中から出てくるのです。
ポケットにハンカチが入ったままなんて、日常茶飯事です。なんでそんなに付くのかわからないけれど、タオルにはすね毛らしき縮れた毛や髪の毛が毎回少なくとも10本以上からみ付いています。
そして、これカ一番の問題なんですが、必ず、靴下は丸まった状態です。完全に裏返っている状態ならまだいいと思うんですが、丸まってたら、内側になってしまっている部分の汚れなんて落ちないじゃないですか。
ちゃんとした状態の洗濯物を洗ったって100付いていた汚れが、5に減るだけだと思っている私にとって、丸まった靴下の内側部分なんて、汚れが50ぐらいにしか減ってないですよ。しかも、その靴下単独で洗っているならまだしも、実際は私の服なども一緒に洗われてるわけですから、私の服にだって正常に洗ったときより汚れが残っているはずです。それにとある事情で、夫の靴下は普通の人のより汚れてるんです。
そういうことを踏まえると、この丸まった靴下問題を放置しておくのは耐えられませんでした。そこで、まずは、「靴下を丸めたまま洗濯槽に入れるのはやめて」とお願いしました。でも一向に改善されません。
仕方がないので、洗濯前に私がチェックして、丸まっていた場合は直してから洗濯するようにしました。洗濯槽に入っている洗濯物から夫のものだけを選り分けてチェックするのは効率が悪いので、カゴを用意して夫にはそこに洗濯物を入れてもらうようにしたのです。
相変わらず丸まっている靴下を正常な状態に直す普通ならこれで一件落着となるんでしょうが、ご存知のとおり私は潔癖症っぽいわけです。カゴに入っている夫の汚れた服を1枚1枚チェックしてから洗濯槽に移し、作業は苦痛でしかありません。どんどん、夫の洗濯物に対しての嫌悪感が強まっていきます。

      マンション大規模修繕
      賃貸でもハイクオリティで快適
      洗濯物は外に干さない持ち家幻想や